Garmin ウェアラブルの装着とお手入れ

すべての Garmin ウェアラブルはアクティブなライフスタイルのユーザー向けに設計されており、信頼性と快適性、外観デザインを念頭に置いて作られています。デバイスを最大限に活用するためには、次の手順に従って、ウォッチが快適に装着され、適切にお手入れされていることをご確認ください。

 

デバイスの装着

非光学的心拍デバイス

Garminウォッチは、きつ過ぎないように装着することが重要です。バンドが手首の上下に動く程度の緩さがあるとよいでしょう。

光学式心拍計

光学式心拍センサーを特徴とするこのデバイスは、アクティビティ中に十分なフィット感が保ちながらも快適なので、心拍数のパフォーマンスが向上します。手首から上、指2本分の幅の位置にバンドを装着し、ワークアウトの後はバンドを緩めてください。

乾燥状態を維持

長期にわたり湿気にさらすと、皮膚炎を引き起こすことがあります。ワークアウトで汗をかいたり、スイミングやシャワーで水で濡れた後は、デバイスをしっかりすすいでから、乾燥させてください。

皮膚の休憩

長期間着用した後は、一時的に装着痕などが残る場合があります。一時的な対策として、皮膚に刺激を与えないよう、デバイスを両手左右交互に着用するようにしてください。

デバイスのお手入れ

デバイスの外観を保ち、皮膚への刺激を避けるため、以下の化学薬品の使用を避けてください。

シリコーンまたはTPUエラストマーバンド

レザーバンド

金属製バンド

ナイロン製ストラップ

ウォッチ本体とモジュール

起こりうる皮膚炎症

Garminウォッチを通常に使用し、かつ上記の方法に従っていれば、着用上の問題が生じることはありません。もし炎症が出た場合は、皮膚が治癒するまでデバイスは装着しないでください。ご使用のウェアアイテムと対応するお手入れ法に従ってデバイスとバンドを完全にクリーニングしてください。症状が持続する場合は、医師または皮膚科専門医にご相談ください。