Garmin
                             

ランナーのためのランニングウォッチ

一人も同じランナーはいません。ランニングウォッチも同じです。
あなたにぴったりのトレーニングパートナーを探しましょう。

チームメイトとして

ペース、距離、時間などの連続更新を目指すならForeAthlete10Jまたは15Jが最適です。バーチャルペーサーは目標ペースに対して、あなたが先行しているかまたは遅延しているかを比較することができます。自己ベスト機能でチームメートのようにいつでもモチベーション維持のサポートをします。

ForeAthlete 15 J

コーチとして

次の大きなレースに向けて準備を進めるためのガイダンスを提供します。あなたのフィットネスレベルに合った既存のトレーニングプラン、またはガーミンコネクトでプランを作成してForeAthlete 220Jにアップロードします。LiveTrack機能を利用すると家族や友人へ自分がどこを走っているかを公開できます。

ForeAthlete 230 J

ForeAthlete 235 J

エキスパートに

ForeAthlete 620JとForeAthlete 920XTJはあなたのランニングを科学的に分析します。
VO2Max(最大酸素摂取量)はリカバリーアドバイザーや予想レースタイムを提供し、さらにピッチ、接地時間、上下動といった次世代機能のランニングダイナミクスを使用してあなたのランニングフォームを改善します。

ForeAthlete 630 J

NEW

ForeAthlete 735XT J

ForeAthlete 920XT J

ForeAthlete 15Jはランニング機能とライフログ機能を持ち合わせたランニングウォッチです。心拍計¹を使用することにより、心拍数と心拍ゾーンを記録します。さらにライフログ機能でステップ数、消費カロリー、睡眠モニターなどあなたの生活を記録し続けます。
¹オプションアクセサリー

  • " alt="" />

ForeAthlete 230 J を互換性のあるスマートフォンとペアリングすると、オーディオアラートによりペースを保つことができます。 接続機能1 には、お知らせと Connect IQ アプリなどがあります。 その他の機能には、Garmin Connectへの自動アップロードやライブトラッキングなどがあります。Garmin Connect から詳細なワークアウトやトレーニングプランをデバイスに直接ダウンロードできます。

1 BLE 対応のスマートフォンとペアリングする必要があります。.
2 プレミアム HR センサー使用時。

Elevate™(手首心拍数測定技術)により、ゾーン内で自己ベストを目指して競いましょう。この時計のカラフルなグラフィックインターフェイスで現在のゾーンが分かるため、手首の心拍数測定によって、より効果的にトレーニングできます。スマート機能1には、お知らせと Connect IQ™ アプリなどがあります。Garmin Connect™ への自動アップロードやオーディオプロンプトなど、接続機能も搭載しています。

1互換性がある携帯電話とペアリングした場合

詳しい生理学的測定1 や高度なランニングダイナミクス2 を活用して自分のランニングデータを測定しましょう。 GCT(地面接地時間)バランスや歩幅の測定すると、ランニングの対称性や、全体的なランニングフォームを監視できます。ForeAthlete® 630 J では VO2 Max の推定値1 に基づいて、さまざまな距離のレースタイムを予測し、次のレースのタイム目標を表示できます。

1 プレミアム HR センサー使用時。
2 ハートレートセンサー HRM-Run 使用時。
3 スマートフォンが Bluetooth Low Energy(BLE)に対応している必要があります。
4 ライフログの精度につきまして

NEW

ForeAthlete 735XTJで昨日の自分より優れたアスリートに。 このマルチスポーツ対応のGPSランニングウォッチは、手首で心拍数を測定3できるため、レースの日にも拘束感なく楽に走れます。 オプションの心拍計を追加することで、高度なアドバンスドランニングダイナミクス、VO2 maxその他のデータを活用し、心臓を鍛えることができます。 通知機能4、自動アップロード4、およびConnect IQ™のカスタムウォッチフェイスやアプリとの互換性も備えています。

1別売のハートレートセンサー HRM-Runや HRM-Tri使用時。
2プレミアムハートレートセンサーを使用した場合。
3ライフログの精度につきまして
4スマートフォンが Bluetooth Low Energy(BLE)に対応している必要があります。

ForeAthlete 920XTJはランニングに加えて水泳とサイクリングをするトライアスロン選手に最適な機種です。
ForeAthlete 620Jの機能に加え、さらにライフログ機能を搭載しています。
自動同期機能でいつでもGarminConnectへデータを保存し、トレーニングを計画したりシェアをすることができます。

フットポッド対応

ForeAthlete 15J は屋内トレーニングでも距離やペースなどのデータが記録できるフットポッドに対応しています。

オーディオアラート

ForeAthlete 230 J とスマートフォンをペアリングすると、オーディオアラート(ビープ音)によりペースを保つことができます。

光学式心拍計

内蔵の光学式心拍計によってトレーニング中の心拍(脈拍)を計測し、心拍に関する様々なデータをカラーゲージで表示します。

拡張された生理学的測定1

ForeAthlete® 630 J は、心拍を測定してストレススコア、パフォーマンス状態、乳酸閾値を表示します。

拡張された生理学的測定1

心拍数を測定してストレススコア、パフォーマンスコンディション、乳酸閾値を表示します。


1別売のハートレートセンサー 使用時。

アドバンスドランニングダイナミクス2

接地時間バランス、歩幅、上下動比などを測定します。


2別売のハートレートセンサー HRM-Runや HRM-Tri使用時。

水中での心拍測定3

オプションのHRM-Tri™モニターを使用すると、水中での心拍数データを確認できます。


3別売のハートレートセンサー HRM-Tri使用時。

マルチスポーツアクティビティー

ランニング、サイクリング、スイミング、クロスカントリースキー、パドルスポーツ、トレイルランニング、ハイキング、筋力トレーニングのアクティビティプロフィールが利用可能。

Connect IQ™ でカスタマイズ4

Connect IQから無料のウォッチフェイス、アプリ、ウィジェットおよびデータフィールドをダウンロードしてデバイスをカスタマイズできます。


4スマートフォンが Bluetooth Low Energy(BLE)に対応している必要があります。

ランニングダイナミクスとサイクリングダイナミクス

トライアスロン向けのマルチスポーツトレーニングやデータ分析が行えます。

Connect IQでは、無料でダウンロードできるカスタムウォッチフェイス、ウィジェット、アプリ、データフィールドが豊富に用意されています。 お気に入りのデバイスをカスタマイズして、必要なデータをいつでも手元で参照できます。

Connect IQ

ForeAthleteシリーズのユーザーはオンラインコミュニティサイトGarminConnectを利用する事ができます。GarminConnectでは自身の進捗を分析したり、目標に達成すると仮想バッジを獲得できるなどトレーニングのモチベーションを維持する事が出来ます。
また、家族間や友人たちとチャレンジを競い合うこともできます。

トレーニングプラン

専門知識により、すべてのフィットネスレベルと距離に適した12週間のトレーニングプランを用意しました。
また、ワークアウト機能があるデバイスではワークアウトを作成し、デバイスへ転送する事が出来ます。

規格比較表

ForeAthlete 15 J ForeAthlete 230 J ForeAthlete 235 J ForeAthlete 630 J ForeAthlete 735XT J ForeAthlete 920XT J
カラーディスプレー
自動ポーズ
自動ラップ
自己ベスト
バーチャルペーサー
心拍数ベースのカロリー計算
消費カロリー
スクリーンカスタマイズ
ワークアウト
Gセンサー
VO2Max
リカバリーアドバイザー
予想レースタイム機能
ランニングダイナミクス
接続機能
ステップ数
自動ゴール
ムーブバー
睡眠モニター
ペースアラート
光学式心拍計
Connect IQ
アドバンスドランニングダイナミクス
ストレススコア
乳酸閾値
パフォーマンスコンディション