Garmin

Garmin Elevate™
リストタイプ心拍測定技術

Garmin光学式心拍計を搭載したウォッチにより正確な心拍データがいつでもチェックできます

心拍の変化率はトレーニングの激しさによって変化します。Garminウォッチをつけてトレーニングを始めると、光学式心拍計がトレーニング中の心拍をモニタリングし、絶えずフィードバックを提示します。

心拍 - 最強の運動モニタリングツール

心臓はすべての活動の中心です。心拍数をモニタリングすることは、自分の健康状態を知るだけでなく、異なる心拍ゾーンの生理的意義を理解することにより、より効果的に健康管理を行うことができます。

どの程度の運動が「ジョギング」に該当するかは心拍によって決まる

1kmのランニングに6分かかりました。さて、これは速いのでしょうか、遅いのでしょうか?誰と比較するのでしょうか?各人の体力は大きく異なりますから、単なるスピードや時間は正確な指標にはなりません。心拍数だけが客観的に体力の消耗レベルを表すことができるのです。
マラソン選手から、ほとんど運動しないデスクワークの会社員まで、すべての人が心拍数に基づいて効果的な運動の程度を決めることができるのです。

「脂肪燃焼心拍ゾーン」は本当にあるのか ?

運動中の心拍エリアが最大心拍の65%から79%の間にある時、呼吸はやや激しくなりますが快適さを感じます。この時、体脂肪の燃焼効率が最も高まります。運動があまりに激しいと、体はグリコーゲンを優先的に使用するため、脂肪は消費されなくなります。心拍トレーニングにより、あなたにマッチした脂肪燃焼ゾーンを見つけることができ、効果的な減量が実現します。

24時間継続されるモニタリング

Garmin Elevate光学式心拍計は1週間に7日間、1日24時間のモニタリングを継続的に行います。毎日の心拍の起伏変化や運動時の心拍状態をチェックして、心臓の状態を常に把握することができます。

安静時心拍数の測定方法

十分な睡眠が取れた翌朝、座って1分間安静にします。1分後に現れる最低値が安静心拍数です。

最大心拍数の測定方法

よく用いられる最大心拍数の公式は「220-年齢」というものです。これは同年齢の人の平均最大心拍統計に基づいており、参考となる数値です。もし体力が許すなら、3kmの全速力テストや坂のダッシュをして計測することで、あなた個人の最大心拍数を正確に把握することができます。

ランニングの技術的指標-上下動

ランニング中の体の重心の垂直震動幅はセンチメートルを単位とします。振れ幅が大きくなると、消費されたエネルギーは前ではなく、上向きの運動に用いられることになり、落下の際の衝撃も大きくなります。振れ幅が小さいと、前向きの運動効率が高くなります。

VO2Max(最大酸素摂取量)

運動中の体が1分間、体重1キロ当たりに消耗する酸素量(mL/min/kg)のことです。海抜0で最も激しい運動を行った時、組織細胞が消耗または利用する最大酸素量。 ランナーを車に例えると、最大酸素摂取量は、エンジン排気量に相当します。有酸素能力の優劣を評価するための重要な指標となります。

乳酸閾値

乳酸閾値は有酸素と無酸素の分かれ目で、これより低い時に体は有酸素代謝を主とし、高い時には無酸素代謝を主とするようになります。これは長時間高レベルの有酸素運動を維持するための重要な指標です。 モニタリング・ウォッチで十分なランニングペースデータを収集することにより乳酸閾値を算出することができます。目安となるT - ペースとLTHRを自分のTレベルのランニングトレーニングに適応できるようなります。

このページのコンテンツは「ランナーが理解するべき重要なデータ」から引用しています