最大 20 頭のワンちゃんを半径およそ 15 キロまで追跡!


Garmin がアメリカ市場向け “イヌ用”GPS の新製品「Astro 430」を発売
車載 GPS レーダーやウェアラブルウォッチ「fenix3」にも対応

GPS 機器およびフィットネスデバイスのリーディングブランド Garmin Ltd. (NASDAQ: GRMN)の子会社である Garmin International Inc.は 6 月 16 日、猟犬や訓練犬といった「Sporting Dogs」のオーナー向けの新製品「Astro 430」を発売いたし ました。「Astro 430」では GPS と GLONAS の衛星捕捉により、半径 9 マイル(約 14.5 キロ)内に点在する最大 20 頭の犬をお よそ 2.5 秒間隔でトラッキングすることが可能で、従来の製品と比べて把握頭数と捕捉速度が 2 倍になりました。

Garmin では 2 種類の犬用デバイスを展開しています。1 つは狩猟やトレーニングなどのトラッキングを目的とした「Sporting Dogs」シリーズ、もう 1 つは吠える回数を制限するなどのしつけを目的とした一般家庭用の「 Pets」シリーズです。今回発表され た「Astro 430」は「Sporting Dogs」の製品です。

アメリカでは狩猟やトレーニングを目的とする大型犬のオーナーが多く、広範囲にわたって行動する複数の犬を“車に乗りながらト ラッキングをしたい”というニーズが多々寄せられています。Garmin では今回の「Astro 430」発売に合わせ、スマートウォッチ から犬の状況を即座に確認できるウィジェットも開発、「fenix 3」シリーズを利用するハンターやブリーダー、トレーナーの手元 でもトラッキングができるよう設計しました。

「Astro 430」は Garmin が同じく発売したばかりの 7 インチ車載ナビゲーションシステム「DriveTrack 70 LMT」との連動が可 能なため、車を運転しながら犬を追跡することができます。購入者向けには米国内で 1 年間利用できる地図ソフトウェア*と衛星 写真ソフト**がプリインストールされ、私有地の境界線といった権利者データや食事 給油スポットなどの情報を記録したハンタ ー向けの地図 SD カード***(別売)にも対応しています。オーナーだけでなく、犬の状態も把握できるよう、走行距離や活動時 間、獲物を見つけた回数といった情報もしっかり記録。 “Hunt Metrics パフォーマンスデータ”として端末に保存することもでき ます。

「Astro」シリーズは狩猟やトレーニングのみならず、犬と共に屋外活動をするユーザーであれば様々な場面で利用することができ ます。Garmin はアメリカの”K9”と呼ばれる警察犬 救助犬の市場にも参入しており、イリノイ州警察をはじめとした多くの州警 察で導入が進んでいます。多様なライフスタイルに合わせたデバイスを提供している Garmin は、今回の「Astro 430」がライフ スタイルから生まれる個々のニーズに応える一つの形であるように、これからもユーザーに耳を傾け、開発を続けてまいります。

本製品は日本国内での正規販売は行われておりませんが、以下の URL より製品情報および紹介動画をご覧いただけます。

Astro 430 参考価格
本体(写真右)のみ: $449.99
本体 + T5( 写真左)または T5 mini
(いずれも犬用デバイス)
セット: $649.99

*地図ソフトウェア「TOPO U.X. 100K」
**衛星写真ソフトウェア「BirdsEye」
***地図SDカード「HuntView」

 

注:本内容は、2016年6月16日(米国時間)に米国Garmin International Inc.が発表した報道資料をもとに作成したニュースリリースです。
*「Astro 430」「DriveTrack 70 LMT」「TOPO U.X. 100K」「BirdsEye」「HuntView」「T5」「T5 mini」はいずれも日本国内未販売の製品及びサービスです。

Garminについて

Garmin(ガーミン)はアメリカ合衆国で創業されたGPS機器メーカーです。1989年、ゲイリー バレル (Gary Burrell) と高民環 (Min H. Kao) によって設立されました。Garminという社名は創業者2人の名前の一部、GaryとMinに由来しています。創業当時から変わらず、消費者の生活を豊かにするナビゲーションおよび通信デバイスを提供することをねらいとしています。

自動車、航空機、船舶、フィットネス、アウトドアレクリエーションおよび無線アプリケーションを含め、多岐な分野にわたり革新的な製品を展開し、世界各国に豊富なラインナップと店舗を展開しており、すでに数百万台以上のGPS受信機を製造 販売しています。

現在はスイス シャフハウゼン州シャフハウゼンにグループ本社であるGarmin (Europe) Ltd.(Nasdaq: GRMN)を設け、米カンザス州オレイサにある子会社Garmin International, Inc.が実質的な本社機能を果たしています。アジアにおける活動拠点は台湾 台北市に本社を置くGarmin Corporationです。

http://www.garmin.co.jp/



» 戻る -プレスリリース- ニュース