GPS機器のリーディングカンパニー Garmin Ltd.、株式会社いいよねっと の買収を完了 急伸する日本市場へ本格参入


GPS機器およびフィットネスデバイスのリーディングカンパニーGarmin International(本社:スイス・シャフハウゼン、NASDAQ:GRMN、以下 Garmin)は2016年9月30日(米国時間)、日本国内でGarminの消費者向け製品を取り扱う販売代理店の株式会社いいよねっと(本社:埼玉県富士見市、以下 いいよねっと)の全株式の買収を完了し、同日付で いいよねっと がガーミンジャパン株式会社(本社:神奈川県横浜市)の子会社になったことを発表いたします。

Garminの社長兼最高経営責任者を務めるCliff Pembleは本買収にあたり、次のコメントを発表しました。「 いいよねっと の買収により、アジアにおいて重要市場である日本国内の販売と流通の取り組みを強化するため、国内の主要小売店やOEMへのサポート体制の拡充を図ってまいります」

いいよねっとは今後も、管理・販売・マーケティング・サポートスタッフの一切を運営し、埼玉県にある現本社機能と倉庫機能業務を継続していきます。なお、買収に関わる条件についての情報は非公開です。

Garminについて:

Garminはグループ本社のGarmin (Europe) Ltd.(Nasdaq: GRMN)をスイス・シャフハウゼン州シャフハウゼンに構え、その主な子会社は米国、台湾、英国にあります。GarminはGarmin Ltd.またはその子会社の登録商標です。またその他のブランド、製品名、会社名、商標、サービスマークは全てそれぞれの所有者に帰属します。

将来の見込みに関する記述:

本リリースには、Garmin Ltd.およびその事業における将来の見込みに関する記述が含まれています。それらの記述は経営陣の現在の予想に基づいています。本リリースで言及された将来の見込みに関するイベントおよび事象は発生しないことがあり、実際の結果は、2015 年 12 月 26 日時点で Garminから米国証券取引委員会(SEC)に提出された(Commission file number 0-31983) フォーム 10-K における年次報告書に記載のリスク要因を含みますが、これらに限らず、Garmin に影響を与える既知のリスクおよび不確定的なリスク要因の結果に伴って大きく異なる可能性があります。フォーム 10-K のコピーは http://www.garmin.com/aboutGarmin/invRelations/finReports.html で参照できます。将来の見込みに関する記述は保証できません。将来の見込みに関する記述はその時点での見解であり、Garmin は新しい情報、将来のイベントその他の結果を問わず、その記述を公式に更新または訂正する義務を一切負いません。



» 戻る -プレスリリース- ニュース