Garminアクションカムの新モデルはタッチ式ディスプレイモニター付き、解像度も4Kと高画質に


VIRB Ultra30

2016年9月23日(火)発売

音声認識による録画操作、最大50台まで同時にワイヤレス使用が可能

GPS機器およびフィットネスデバイスのリーディングブランドGarmin Corporation 本社:台湾 台北市、以下 Garmin)は、アクションカメラシリーズ「VIRB」の最新作モデル『VIRB ULTRA 30』 税抜62,800円)を、9月23日(金)より発売いたします。いいよねっとオンライショップのほか、全国の取扱店舗にて販売いたします 販売元:株式会社いいよねっと)。

「VIRB ULTRA」について:

スポーツやアクティビティの思い出を映像に残すために開発された、Garminのアクションカムシリーズ「VIRB」は、今回の新モデル「ULTRA 30」でさらに飛躍的な革新を遂げました。解像度が4Kになり、録画した映像をこれまでよりも大きなスクリーンで楽しめます。加えて、アクションカムには珍しく、背面にタッチパネル式のディスプレイモニターをデザインしました。撮影中の映像はもちろん、これまでの「VIRB」シリーズ同様に内蔵されている「Gセンサー」の情報をリアルタイムでオーバーレイ表示することも可能になりました。GPSによる位置情報の測位精度も既存モデルの10倍の10Hzへと向上し、位置情報をわずかな誤差に抑えています。

また「VIRB ULTRA 30」には、音声指示によって撮影をすることができる「ボイスコマンド*」が搭載されており、アクティビティ時などに両手のふさがっている時でも操作可能です。さらに、最大50台のVIRBシリーズとワイヤレス接続 同時撮影が可能になりました。

「VIRB ULTRA 30」で録画した映像は、Garminが提供するオリジナルの無料アプリケーション「VIRB Edit」で簡単に編集することができます。動画編集の経験のないユーザーでも、容易に操作できるよう開発されたインターフェースと、プリインストールされているバリエーション豊かなウィジェットを駆使することで、世界に一つしかないオリジナルのダイナミックな映像作品に仕上げることが可能です。

詳しくは以下の製品サイトをご覧ください。
http://www.garmin.co.jp/minisite/virb/
また、 以下のURLより装用イメージ動画がご覧いただけます。
https://youtu.be/i6EOmRKdD-g

 

<製品仕様>

※測定方法その他の詳細な情報はリーフレットまたはGarminオフィシャルウェブサイトにてご確認ください。

 

Garminについて

Garmin ガーミン)はアメリカ合衆国で創業されたGPS機器メーカーです。ゲイリー バレル (Gary Burrell) と高民環 (Min H. Kao) によって1989年に設立されました。Garminという社名は創業者2人の名前の一部、GaryとMinに由来します。Garminは創業当時から変わらず、ライフスタイルを豊かにするナビゲーションおよび通信デバイスを作ることを目標としてきました。革新的な製品は、自動車、航空機、船舶、フィットネス、アウトドアレクリエーションおよび無線アプリケーションを含め、多岐な分野にわたっています。Garminは世界各国に多様な製品ラインと販売店を展開しており、これまでに数百万台以上のGPS受信機を製造 販売しています。現在はスイス シャフハウゼン州シャフハウゼンにグループ本社であるGarmin (Europe) Ltd. Nasdaq: GRMN)を置き、米カンザス州のオレイサにある子会社のGarmin International, Inc.が実質的な本社として機能しています。また、台湾 台北市に本社を置くGarmin Corporationは、アジアの拠点として活動しています。



» 戻る -プレスリリース- ニュース