GarminからGPS機能搭載モデルのフィットネスバンド最新作が登場


vívosmart®J HR+

ヴィヴォスマート ジェイ エイチアール・プラス

2016年8月2日(火)発売
ランニングやサイクリング時に移動した
位置情報のアーカイブが可能に

GPS機器およびフィットネスデバイスのリーディングブランドGarmin Corporation 本社:台湾 台北市、以下 ガーミン)は、GPS機能を搭載したフィットネストラッカー『vívosmart J HR+ (ヴィヴォスマート ジェイ エイチアール プラス)』 全3色、税抜24,815円)を、8月2日(火)より発売します。いいよねっとオンライショップ http://store.iiyo.net/shop/top.aspx)のほか、全国の取扱店舗にて販売いたします 販売元:株式会社いいよねっと)。

 

「vívosmart J HR+」について:

「vívosmart J HR+」は、現在発売されている「vívosmart J HR」のスペックに、GarminのベースともいえるGPSの捕捉センサーを搭載しました。例えばランニングシーンにおいて、ステップ数や心拍、消費カロリーといった情報のログだけではなく、どの地点を走ったかというロケーションの記録をとることが可能になりました。Garminが展開する他のアクティビティトラッカーと比較しても、サイズや重さはほとんど変わらないスリムなデザインも特徴のひとつです。
Garminユーザー向けに提供しているオンライン上のデータベース「Garmin Connect」の使用時においても、GPSの捕捉機能が搭載されているので、自分の走ったコースデータや特定の地点における心拍数などの詳細なログも確認できるようになりました。また「Garmin Connect」内のグループ機能を使用することで、Garminユーザー同士が離れた場所にいてもワークアウトの実績を確認し合ったり、目標を設定して競い合ったりすることも可能です。
Garminが展開している「vívo」シリーズは、ランニングやジョギング、フィットネスなどのユーザー向けに開発された超軽量のフィットネスバンドで、これまでにvívofit3やvívoactive HRJといった製品を発売しています。ランニングやスイミング、ウォーキングといったアクティビティ時に手元での操作を省けるよう、自動検知をする「アクティビティトラッカー」機能が標準装備されているほか、睡眠時間のサイクルなども記録することができます。

詳しくは以下の製品サイトをご覧ください。
http://www.garmin.co.jp/products/intosports/vivosmart-j-hr-plus-black/

 

Garminについて

Garmin(ガーミン)はアメリカ合衆国で創業されたGPS機器メーカーです。ゲイリー・バレル (Gary Burrell) と高民環 (Min H. Kao) によって1989年に設立されました。Garminという社名は創業者2人の名前の一部、GaryとMinに由来します。Garminは創業当時から一貫して、ライフスタイルを豊かにするナビゲーションおよび通信デバイスを作ることを目標としてきました。革新的な製品は、自動車、航空機、船舶、フィットネス、アウトドアレクリエーションおよび無線アプリケーションを含め、多岐な分野にわたっています。Garminは世界各国に多様な製品ラインと販売店を展開しており、これまでに数百万台以上のGPS受信機を製造・販売しています。現在はスイス・シャフハウゼン州シャフハウゼンにグループ本社であるGarmin (Europe) Ltd.(Nasdaq: GRMN)を置き、米カンザス州のオレイサにある子会社のGarmin International, Inc.が実質的な本社として機能しています。また、台湾・台北市に本社を置くGarmin Corporationは、アジアの拠点として活動しています。 http://www.garmin.co.jp/



» 戻る -プレスリリース- ニュース