購入する

Please purchase all our products from these authorized dealers only to ensure that you receive full support in Warranty and replacement matters.

Oregon® 650TCJ
販売終了

Oregon® 650TCJ

Part Number 010-01066-34
Oregon® 650TCJ Oregon® 650TCJ Oregon® 650TCJ

ナビ可能な日本詳細道路地図(シティナビゲーター)及び日本登山地図(TOPO10MPlus)のプレインストール、地形陰影の表示の仕様はそのままに、タッチパネル操作、カメラ機能、GPS機能が日本の準天頂衛星みちびきとロシアのGLONASSに対応などOREGONの性能が大幅アップしました。

ボディはエッジの効いたシャープなデザインへ変更され、裏面とサイドは衝撃吸収しつつ手に馴染むラバー素材、フロントのクリアパネルと周囲の縁は傷に強いプラスチックになりました。

 

GPSのみに限らずGLONASS電波受信のイメージ

みちびき/GLONASS対応

みちびきは日本が整備を開始した独自の測位システム。準天頂衛星システムと呼ばれ、日本の空の真上に長い時間留まるような軌道を描いて飛んでいます。真上ですので、高いビルや深い渓谷でも電波が遮られるケースが少なくなり、安定した受信が可能になります。

GLONASSはロシア版の全地球測位システム。米国版のGPSとGLONASSを併用する事により、受信できる衛星の数が約2倍になります。これにより、GPSのみで使用した場合に比べ、ビル街や沢底のような地形でも測位電波受信のチャンスが増え、測位不能に陥るケースが減る事になります。

※「みちびき」は今現在1機での運用、1日の内8時間の「補完信号」の利用が可能。

 

マルチタッチ対応タッチパネル

OREGON650TCJもタッチ操作を代表するスマートフォンと同様の操作方法になりました。ドラッグ、スクロールに加えダブルタップやピンチズーム、回転も可能です。画面は縦にしても横にしても表示可能。表示させたい用途によって、横に表示したり縦に表示したりと、使い分けるのもいいかもしれません。
また、OREGON650TCJはアウトドアで使用する事を前提とされているので、例えば凍えるような寒い日は、グローブをはめたままでの目的地設定が必要になりますが、そんな時でも隣のボタンをタッチしてしまわないよう、ボタンが大きめに設計されています。

※使用するグローブによっては反応しにくい場合があります。

 

スクリーンカスタマイズ

スクリーンのアプリケーションアイコンをお好みの配置に設定できます。アイコン以外にも高度、コンパス、データ項目、衛星情報などから選択・表示が可能です。
表示は縦表示、横表示、アイコン数などによって変わります。


画像のアプリケーションアイコンは一例です

 

デジタルカメラとジオタグ機能

OREGON650TCJにはGPSと連動したオートフォーカスのデジタルカメラが搭載されています。カメラの画素数はOregon550TCと比べて2倍以上にアップし、最新スマートフォンと肩を並べる8MPになりました。撮影した写真にはその場所の位置情報(ジオタグ)が埋め込まれますので、フォトビューアーからその写真を探して「出発」するだけで、再びその場所を訪れる事が可能になります。。
写真の解像度は3種類のサイズから選択でき、撮影した写真は、内蔵メモリまたはスロットに装着したmicroSDメモリに保存されます。
ライトは常時点灯用として、暗闇でも撮影可能なフラッシュとして、そのフラッシュを点滅させることで救難信号として使用することが出来ます。

 

電子コンパスと気圧高度計

GPSは測位により自身の位置は特定出来ますが、向いている方角がわからないために、複数の測位データを元にそれを計算で割り出しています。電子コンパスは地磁気を元にするため即座に方角がわかります。3軸コンパスは機器を水平にせずとも、正しい方角を示すことができます。

 

高度グラフ

電子コンパス

GPS測位により緯度経度の座標以外に高度も知る事が出来ます。しかし、水平方向の緯度経度に比べて垂直方向の高度は、精度が劣るという特徴を持っています。高精度の気圧センサを併用する事で、より精度の高い高度情報を得ることが可能となり、微妙な上昇下降などのトレンド情報も確認可能です。また、移動していない停滞時には定点での気圧変動を知る事も出来ますので、移行の天気予測にも役立ちます。

 

ワイヤレスデータ通信

ワイヤレスデータ通信機能を持ったユニット間では、ポイント、軌跡、ルートの各データがケーブル不要で送受信可能です。例えば、登山口に集合したメンバー同士でその日のルートデータを共有する事も可能です。

 

無線通信機能 BluetoothとANT+

Garmin製品では初めてとなる、Bluetooth Smartに対応。
アプリケーションと接続方法によって、様々なデータ管理や情報交換ができます。

■スマートフォンアプリとBluetooth経由で直接通信

iOS対応機器で動作する、「BaseCamp Mobile」をAppStoreからダウンロードしてインストール。このアプリケーションと対応機器がBluetooth Smart経由で繋がります。スマートフォン上に表示された地図に対応機器内部のデータを重ねて表示させたり、ガーミン社のサーバー上に存在するクラウド領域とデータ交換する事も可能です。旅先で思い立ったその時に、クラウド上に準備しておいたルートデータをその場で対応機器に転送する事が可能です。

■ANT+対応

OREGON650TCJはANT+規格対応なので、別売アクセサリーの心拍計、ケイデンスセンサー、温度センサー、ビーコンの各種アクセサリーがお使い頂けます。

 

カラーTFTディスプレイ

川は水色、道は茶色、公園は緑など、情報ごとに色分けされています。アウトドアにおいてコンパクトなディスプレイから「如何に情報を素早く得られるか?」という事を考えると、これは大きなアドバンテージになります。また、半透過型ディスプレイは、強い日差しの下や晴天の雪上など、または、暗闇でも、通常のディスプレイでは到底太刀打ちできないような厳しい条件下でも視認性が確保できるのが特徴です

 

使用用途に応じて地図をご活用下さい

地図格納機能

地図格納可能なモデルは、日本国内のカーナビレベルの詳細道路地図(インストール済み)、二万五千分一地形図(インストール済み)、航海参考図、世界各国の道路地図や地形図等、ガーミン社がラインナップしている様々な詳細マップがご利用頂けます。

※詳細地図マップには、ナビ本体メモリに地図転送可能なDVD版とmicroSD/SDメディアで提供される、microSD/SD版がございます。

メニューページ
電源を入れオレゴンが起動するとメニューページ1が表示され、そこから他のメニューに移動する場合は画面下左右にある←→のキーにタッチします。画面下部には電池残量インジケーターとGPSの受信状況を表すバーグラフがあります。
メニューページ
地図ページ
メニューページ1にある「地図」ボタンにタッチすると現在地を中心とした地図が表示されます。右上の+-ボタンで縮小拡大、指を触れながらスライドさせればドラッグスクロールします。
地図ページ
コンパスページ
ナビゲーションモード時、次の目的地を矢印で指し示します。コンパスリングは磁気センサやGPS情報から得られた情報により回転します。
コンパスページ
新日本語入力I/F
「う」なら「あ」を2回タッチするなど、携帯電話で文章を入力する時と同じように操作可能です。
新日本語入力I/F
3D表示
3D表示は日本登山地図(TOPO10MPlus)など、DEMデータを併せ持った地図データでお使い頂けます。
3D表示
撮影画面(縦)
Oregon550TCはモーションセンサを内蔵していますので、縦位置と横位置で撮影メニューが自動的に切り替わります。フォトビューアーから写真を選択すると、撮影時の詳しい情報と現在地からの距離が表示されます。
撮影画面(縦)
トリップコンピュータ
40種類以上のデータ項目から任意の6項目を選択可能。表示項目数を2項目にして、確認し易い大きな文字で表示する事も可能です。
トリップコンピュータ
VIRB
ガーミン社製のアクションカメラVIRBをワイヤレスで遠隔操作する事ができます。
VIRB
日本登山地図
オレゴンはDEMデータによる地形陰影表示をサポートしていますので、上の画像のように山が盛り上がって見えます。
日本登山地図

外観および性能:

サイズ 高さ11.4cm x 幅6.1cm x 厚み3.3cm
ディスプレイ
3.8cm x 6.3cm 240 x 400 ピクセル マルチタッチスクリーン
重量 209.8g(電池を含む)
電池 単三電池(アルカリ乾電池、ニッケル水素充電池、リチウム乾電池)
電池寿命 約16時間(常温時、アルカリ電池使用)
防水 日常生活防水(IPX7)
動作温度 -15℃~70℃

 

地図およびメモリ:

ベースマップ 1/20万DEM付き日本全国概略道路地図内蔵(ルート検索可能)
詳細地図 日本登山地図(TOPO10MPlus)V2と日本詳細道路地図(シティナビゲーター)Ver.14が標準付属
位置情報 選択されているオプション地図領域で使用可能
検索 選択されているオプション地図により、地番号レベルの住所検索や電話番号検索などが可能
ウェイポイントとアイコン 約4000ヶ所のウェイポイントがアイコンと共に登録可能
ルート 200本のルートが登録可能
トラック 内蔵メモリには10000ポイントまで、microSDメモリへは容量が無くなるまで軌跡ログの登録が可能  200本までのアーカイブログが保存可能
トリップコンピュータ 現在速度、平均速度、最高速度、トリップタイマーや区間距離など、約100種類からデータ表示可能
測地系 100種類以上の測地系とユーザー独自の測地系に対応(初期設定は世界測地系WGS84です)
位置フォーマット 緯度経度は日本では一般的な、度・分・秒の他、 UTM UPS、Maidenhead、MGRS、Loran TDsなど、各種設定に対応

 

特徴::

GPS 高感度GPSチップ みちびき、GLONASS対応
インターフェース USB
アンテナ 内蔵パッチアンテナ
デファレンシャル WAAS/MSAS対応
電子コンパス 有り(3 軸)
気圧高度計性能 有り
カメラ 8Mピクセル、オートフォーカス、ジオタグ付加
日本語入力 スマートフォンでの文字入力に類似したインターフェースで、よりユーザーフレンドリーに
ワイヤレス通信 無線通信機能を持つ機器間で、ポイント・ルート・軌跡・ジオキャッシュの各データを無線通信で送受信可能
フォトビューアー 登録した画像データを拡大縮小で表示可能
3D表示機能 内蔵の日本登山地図(TOPO10MPlus)選択時や広域地図表示時は、立体的な地図表示が可能
フラッシュライト 写真撮影用のフラッシュを活用し、ライトとして利用したり点滅させて救難信号としても使用可
救助ナビ(MOB) 航行中のボートから落水したクルーを素早く救助する際に使う機能です
カレンダー 内蔵カレンダーで日の出日の入り、月の出月の入りなどを表示
BaseCampMobile スマートフォンアプリ(iOSのみ対応)「BaseCamp Mobile」をインストールして、OREGON650TCJとBluetooth接続することで、データをスマートフォンの地図上で確認
VIRB GRMINのアクションカメラ「VIRB」をワイヤレスで遠隔操作可能
  • Oregon 650TC
  • 地図ソフトDVD
    日本登山地図(TOPO10MPlus) 
    日本詳細道路地図(シティナビゲーター) 
  • 1/20万 概略道路地図内蔵(DEMデータ付き)
  • PC用USB接続ケーブル 
  • カラビナクリップ
  • 日本語操作マニュアル
更新とダウンロード
ソフトウェアの無料アップロードが可能です。
警告
本ソフトウェアはこれが適用されるGPS製品にのみアップロードできます。その他の機器にアップロードした場合、使用できなくなる恐れがあります。本ソフトウェアのアップロードに失敗し、その後再アップロードをしても成功しない場合、GPS機器をガーミンアフターサービス部門にお送りいただき検査を受ける必要があります。
ソフトウェアライセンスに関して
本ソフトウェアをダウンロード、インストールするには必ず、下記のソフトウェアライセンス規約をお読み頂き、同意して頂く必要があります。本ソフトウェアをダウンロードまたはインストールした場合、これに同意したものとします。

ガーミン・コーポレーション(以下「ガーミン」)は当社製品を正常に使用されるにあたり、お客様が本アップグレード・ソフトウェア・プログラム(以下「本ソフトウェア」)を、一定の制限の下、かつ独占しないという条件の下で使用することに同意します。本ソフトウェアのタイトル、所有権及び知的財産権は依然としてガーミンが所有し、ガーミンはお客様が個人的に本プログラムを使用することにのみ許可します。お客様は本プログラムをコピーして使用できますが、個人的な使用に限られます。本契約にご署名いただいていなくてもご同意いただいているとみなし、依然として効力を発するものであります。

本プログラムはソフトウェアのアップグレードでのみ提供されます。その他の如何なる保障或いはお客様が必要とされる機能に合致するものではありません。

本ソフトウェアの知的財産権はガーミンに帰属し、かつ米国著作権法及び国際ライセンス協定により保護されています。本ソフトウェアの構成、組織、ソースコードはガーミンの価値ある営業秘密であり、お客様には本プログラムに対して編集、修正、分解、削除その他ソースコードを探る行為をしないことにご同意いただきます。

お客様には米国輸出管理規制に反して、本プログラムをその他の国家に輸出しないことにご同意いただきます。

2017/11/02

Oregon 650TCJ 更新履歴

Downloadダウンロード(Garmin Express)

Oregon 650TCJ 更新履歴

ver. 2.40(2017/11/02)

  1. 「準天頂衛星みちびき」の電波受信による測位の安定化

ver. 2.30(2015/12/29)

  1. 三角測量索機能追加
  2. 構成部品変更に伴う修正
  3. 広範囲のBirdsEyeデータ使用時に起動時間が遅くなる問題を改善
  4. 純正充電池使用時に充電が正しく行われない問題の修正
  5. nuviモードで横表示にした際の問題を修正
  6. いくつかの軌跡距離で誤りがあった問題の修正

back to top


読み込み中