オンラインストア

Please purchase all our products from these authorized dealers only to ensure that you receive full support in Warranty and replacement matters.

ForeAthlete® 920XTJ

ForeAthlete® 920XTJ

Part Number 010-01174-32
ForeAthlete® 920XTJ ForeAthlete® 920XTJ ForeAthlete® 920XTJ ForeAthlete® 920XTJ ForeAthlete® 920XTJ

ウルトラマラソン、トレイルラン、トライアスロンにより最適に!

ForeAthlete920XTJはマルチスポーツ対応のスポーツウォッチです。
そのため長時間の使用を前提としてトレーニングモードで約22時間、ウルトラトラックモードで約38時間の稼働時間を備えています。

マルチスポーツそれぞれに合ったトレーニングも行える機能も強化しました。
ランニング分野では自身のランニングフォームのモニタリングと改善ができるVO2Maxやランニングダイナミクス機能(要別売ハートレートセンサーHRM-Run)、バイク分野ではForeAthleteシリーズ初のサイクリングVO2Max計測が可能になりました(※要パワー計)。スイム分野ではドリル記録や屋外でのスイムにも対応し、距離、ストローク数などのデータが計測できます。

各トレーニングをサポートするアクセサリー、心拍計、フットポッド、スピード/ケイデンスセンサー、パワー計、VIRBにも対応。様々なデータ計測や高レベルなトレーニングが行えます。
また、ディスプレーがカラーになり、Wi-Fi機能やライフログ機能、通知機能を新たに搭載しました。

ランニング

VO2Max
ランニングダイナミクス
リカバリーアドバイザー
レース予想タイム

バイク

VO2Max
高度計
パワー計

スイム

ドリル記録
アラート通知
屋外スイム距離計測


  • 重さ61g、薄さ1.27cmのスリムボディ
  • ナビゲーション機能は目的地の方向を矢印で表示
  • 100種類以上のデータ項目から好みのデータを1ページあたり最大4種類表示可能
  • 別売ハートレートセンサー使用時は5段階のゾーンを使ったトレーニングが可能
  • ガーミンが運営する「※1Garmin Connect」「GarminConnect mobile(※2android/iOS)」へトレーニングデータをアップロード・ダウンロードする事によりトレーニングデータの管理や公開が可能

    ※1:Garmin connectを利用するには、まずパソコン側からGarmin Expressソフトウエアから製品登録が必要です。Garmin Expressソフトウエアは、Windows Vista以降、Mac OS 10.7以降のOSに対応しています。 (Windows RT、iOSは非対応)
    ※2:本機とBluetooth接続するためには、スマートフォンがBluetooth Low Energy(BLE)に対応している必要があります。iPhone:iPhone4S(iOS7)以降のモデル、 Android:Bluetooth4.0に対応したハードウェアにAndroid 4.3以降が搭載されたモデル(4.2のBLE対応は不可)

各スポーツに適したトレーニング機能搭載

ランニングダイナミクス 【ハートレートセンサーHRM-Run対応】
より少ないエネルギーで走れる能力「ランニングエコノミー」を左右する要素でもある上下運動幅、ピッチ、地面接地時間を計測することができます。
上下動
ランニング時に身体がどれぐらいの幅(cm)で上下運動しているかがわかります。
身体の上下運動が大きいと、それだけ無駄に体力を消耗してしまいます。また足への負担も大きくなってしまいます。GARMIN社による調査でも経験の浅いランナーより経験を積んだランナーの方が上下運動が小さい傾向を示すことが分かっております。
目線が上下に揺れないことを意識し、よりエコノミー(省エネ的)なランニングフォームを身につけましょう。

ピッチ
1分間あたりの歩数を計測できます。ランニングスピードはピッチとストライド幅で決まります。
GARMIN社による調査では経験を積んだランナーほどピッチ数が多い傾向を示していますが、歩数でスピードを稼ぐピッチ走法やストライド幅を大きくとって走るストライド走法があるように、自身に適した走法は個人差があると思います。
自身の現状のピッチとストライド幅を把握し、より快適と感じるピッチはどれぐらいなのか?ストライド幅を広げた場合のピッチはどうなるかなど、あなたのトレーニングの質の向上に役立てて下さい(無理なトレーニングは故障の原因となるので注意しましょう)。

地面接地時間
足が地面に接地している時間を計測することができます。
足の回転をあげれば無論接地時間は短くなりますが、接地時間はエコノミー(省エネ的)な走り方をできているかどうかの把握にも役立ちます。
例えば、ランニングでは背筋を伸ばし、腰が高い位置で走り、重心の真下辺りで接地することが望ましいとされます。腰が中腰のように落ちてしまうと接地時間が長くなり、足への負担も大きくなるからです。
また、より地面からの反発を得て前進できるようなランニングフォームであれば接地時間は短くなります。GARMIN社の調査でも経験を積んだランナーほど接地時間は短い傾向を示すことが分かっております。接地時間も目安にランニングフォームの改善に役立ててください。
run  

最大酸素摂取量(VO2max)  【ハートレートセンサーHRM-Run対応】
人が体内(体重1kgあたり)に取り込むことのできる酸素の1分間あたりの最大量のことで、単位はml/kg/分。
最大酸素摂取量は専門機関での設備による実計測によって知ることができますが、ForeAthlete920XTJは心拍数や運動負荷からこれを間接的に算定する機能を搭載しているので、誰でも手軽にその数値を知ることができます。運動する際は酸素を取り込むことでエネルギーを生成するので、最大酸素摂取量は運動能力(全身持久力)の指標と言えます。
また、最大酸素摂取量を計測することで、5km,10km,ハーフ,フルマラソンの予想タイムを推定する「予想タイム」機能もあります。自己の最大酸素摂取量を知ることで、走力レベルの把握やトレーニング負荷コントロールに役立てることができます。

※サイクリングVO2maxにはパワー計が別途必要です

ドリル記録
run bike  

リカバリーアドバイザー 【ハートレートセンサーHRM-Run対応】
ForeAthlete920XTJではあなたの履歴データ並びに走行時の心拍数やペースの変動から、トレーニング終了時に「回復に必要な時間」をアドバイスしてくれます。
また、次回走行時にはスタートしてからしばらくすると、回復の度合いを「グッド(良い)」「バッド(悪い)」「ノーマル(普通)」で示してくれるので、そのトレーニングでの負荷のかけ方の参考指標となり、より効率的で安全なトレーニングを行うことができます。
ドリル記録
run bike  

メトロノーム
一定のリズムをビープ音やバイブレーションでお知らせ。 アラートを鳴らすタイミングは2拍子、3拍子、4拍子、6拍子から選択できます。

ペースをコントロールしたりピッチを速くするトレーニングが行えます。
メトロノーム
run  

バーチャルパートナー
バーチャルパートナーは設定したペースや速度で仮想のパートナーが走行します。バーチャルパートナーが自身より先行している場合はイメージが前方に、遅延している場合は、後方に表示されます。 メトロノーム
run bike  

自動ラップ取得設定
トレーニング中にラップを自動的に取得する機能で「距離」または「位置」が設定できます。
「距離」を設定すると、設定した距離に到達する毎にラップが取得でき、「位置」を設定すると、スタート地点を通過する毎にラップを取得します。
メトロノーム
run bike swim

Vector-Jにも対応
オプションのパワー計Vector-Jを使用すると、平均パワー、トルク効率、パワーゾーン、左右平均などバイクに関する詳細なデータが取得できます。 メトロノーム
bike

屋内プール向け機能 ドリル記録/休息タイム
ドリル記録は泳ぎの一部を集中的に練習したり、全く腕を使わない練習の際にドリル記録を使用することで、タイムと距離を記録することが出来ます。
休息タイムは休息モードに移行しても現在の休息時間、休息とインターバルの合計時間を表示します。
メトロノーム
swim

SWOLFデータの取得
ストローク数から、いかに効率の良い泳ぎをしているかを示す、平均SWOLFスコア(25ヤードまたは50メートルを泳いだ時のタイムとストローク数の和)を表示します。 メトロノーム メトロノーム
swim

屋外スイム対応
海などの屋外トレーニングも、GPS衛星で測位した位置情報を基に距離やペースなどのデータが取得可能です。

※水中ではGPS電波が透過しないため誤差を生じる場合があります。
メトロノーム
swim  

トランジション
マルチスポーツ対応なので、複数のスポーツを組み合わせた際のトランジション(移行)もボタン1つで行えます。 メトロノーム ドリル記録
swim
■オプションアクセサリーでトランジションがスムーズに

ForeAthlete920XTJ用クイックリリースキットは腕からバイクマウントへ、ForeAthlete920XTJ本体を瞬時に載せ替えることができます。

FA920XTJ用リストストラップキットを使用すると、アウターウェアなどの上から着用する際に便利です。
クイックリリースキット920XTJ用 リストストラップキット

話題のライフログ機能を搭載!

ライフログとは自分の生活を長期間に渡りデジタルデータとして記録できる、今話題の機能です。
生活の基本動作である、ステップ数、距離、消費カロリーが実際どのくらいの運動量なのかを毎日数字で見る事ができます。
また、ステップのゴールや達成率の他、一定時間動きがないと適度な運動を促すムーブバーが表示されます。

トレーニングが出来ない環境下でも、普段使いとして毎日活用頂けます。
VO2max
 

通知機能(スマートノーティファイ)

Bluetooth Low Energy(BLE)をペアリングすると、スマートフォンの着信とメッセージの通知をForeAthlete920XTJの画面で確認することができます。
アクティビティ実行中に着信があっても、中断する必要も、スマートフォンの出し入れも必要ないので煩わしさが減少し、アクティビティに集中できます。

※スマートフォンの機種によっては本機能が正常に動作しない場合もございます。動作確認済み機種に関しては近日公開予定になります。

Live Track機能

「Live Track機能」とは、スマートフォンアプリGarmin Connect Mobile(android/iOS)をインストールし、Bluetooth通信を利用してスマートフォンと接続すると、現在走行している場所をリアルタイムにウェブ上で公開出来る機能です。
友人やチーム間などで、自分が今どこを走っているのかを共有する事によって、よりトレーニングが楽しくなります。
スマートフォン画面 PC画面 LiveTracking開始画面
(スマートフォン画面上)

Garmin Connectでデータを簡単管理

ForeAthlete920XTJは「Garmin Connect」がお使い頂けます。Garmin Connectは取得したデータの保存や解析をしたり、世界中で数百万人のユーザーとデータの交換や共有もできるGarmin社のクラウドサービスで、無料コミュニティサイトです。
ゴール達成状況や合計ステップに応じてバッジを獲得したり、友人や家族間でステップ数を競えるスコアボードなど、モチベーション維持のサポートもしています。

付属のUSBケーブルとPCを接続して、Garmin Connectにデータをアップロード出来るほか、ForeAthlete920XTJにはWi-Fi機能があるので、無線LAN環境下でトレーニングデータをワイヤレスにGarmin Connectにアップロードできます。
スマートフォンに「GarminConnect Mobile(Android/iOS)」アプリをダウンロードすれば、場所を問わずにいつでもデータの確認ができます。

※iPhone:iPhone4S(iOS7)以降のモデル、Android:Bluetooth4.0に対応したハードウェアにAndroid 4.3以降が搭載されたモデル(4.2のBLE対応は不可)のみ対応)
※Bluetooth携帯対応状況
iOS(PDF)
Android(PDF)
スマートフォン連携とコミュニティー

ForeAthlete920XTJ本体仕様

  • サイズ: 4.8 x 5.5 x 1.27cm
  • ディスプレイ: 2.9 x 2.1cm / 205 x 148 ピクセル / カラー
  • 重量:約61g
  • 稼働時間:トレーニングモード 約22時間、ウルトラトラックモード 約38時間、時計モード 約4か月
  • 使用電池:充電式リチウムイオン
  • 防水性能:50m完全防水
  • 受信性能:高感度GPSチップ採用 みちびき/GLONASS対応
  • 保存可能トレーニングデータ: 約100時間分
  • 電子コンパス:
  • 気圧高度計:
  • 加速度計:

トレーニング&ナビゲーション性能

  • スポーツモード:ラン、バイク、スイム、その他と4種類のスポーツモードを簡単に切り替え可能
  • 表示可能なデータ:最大4種類x4ページで任意選択可能
    ストローク数/SWOLF/休息(プール)/パワー※3/ピッチ/ランニングダイナミクス※2/距離/ペース(スピード)/高度/ラップタイム/平均ペース/心拍数※1/心拍ゾーン※1/平均心拍数※1/ケイデンス/平均ケイデンス/スピード(ペース)ゾーン/トレーニング効果など
  • トレーニングメニュー:ワークアウト、トレーニングカレンダー、インターバル、ターゲット、レース
    ワークアウト作成:ガーミンコネクトで作成したワークアウトをForeAthlete920XTJに転送して利用可能
    トレーニングカレンダー:ガーミンコネクトで日付毎に作成したワークアウトをForeAthlete920XTJに転送して利用可能
    インターバル:繰り返しのトレーニングや、トレーニング前後のウォームアップ、クールダウン設定が可能
    ターゲット:距離やタイムなどを設定して行うトレーニング
    レース:距離とスピード(またはペース)タイムのみを比較したトレーニングが可能
  • ポイント登録:現在地のポイントを登録
  • ナビゲーション:登録済みポイントへのナビゲーションが可能
  • トラックバック:トレーニングのスタート地点へ戻るナビゲーションが可能
  • コース:ガーミンコネクトから転送したコースと同じ道を辿るトレーニングが可能
  • VO2max:人が体内(体重1kgあたり)に取り込むことのできる酸素の1分間あたりの最大量。単位はml/kg/分※1 (サイクリングVO2Maxを計測するには別途パワー計が必要です)
  • リカバリーアドバイザー:回復に必要な時間を表示し、走行時に回復度合いを判定
  • レース予想タイム: 5km、10km、ハーフ、フルマラソンの予想タイムを推定
  • ランニングダイナミクス:上下動、ピッチ、地面接地時間を表示※2
  • アラート通知:心拍※1、時間、距離など、設定した数値に達した場合や設定範囲外の数値になると音とメッセージでお知らせ
  • ゾーン機能:予め設定した心拍数、ペース、ピッチの上限値下限値を外れた場合、アラートにより警告※1
  • 自動ポーズ:信号待ちなどで計測を自動的に一時停止
  • 自動ラップ:予め設定した距離や場所で自動的にラップを刻み、ポップアップ表示
  • 自動スクロール:本体操作をせずに、トレーニングページを自動的に切り替え
  • バーチャルパートナー:ディスプレイの中で仮想のパートナーと自分自身のアイコンが伴走
  • メトロノーム:一定のリズムでペースをコントロールしたりピッチを速くするトレーニングが可能
  • トレーニング効果機能:あなたの走力を判断し、現在行っているトレーニングの効果指数を判定※1
  • Gセンサー:本体に加速度センサー内蔵のためピッチ、ストライド幅(Garmin Connect上のみ)が計測可能(GPS電波受信不可環境下での距離、ペース計測にも対応)
  • 自己ベスト:ForeAthlete920XTJに用意されている「自己ベスト項目」に該当する記録が保存したトレーニングに含まれている場合、自動的に自己ベストデータを保存

※1 別売心拍計使用時   ※2 要ハートレートセンサーHRM-Run   ※3 パワー計使用時


ライフログ機能

  • 表示項目:ステップ、ゴール、距離、消費カロリー、時間、日付、達成率
  • ムーブバー:1時間以上動き(移動)がない場合に表示
  • スリープモード:睡眠時間と睡眠中の動きを記録

その他機能

  • 対応アクセサリー:ハートレートセンサーHRM-Run、プレミアムハートレートセンサー、フットポッド、スピード/ケイデンスセンサー、パワー計、VIRB
  • スクリーンカスタマイズ:
  • パワーセーブ:本体を一定時間操作しないと、パワーセーブモード(時計モード)になります
  • 自動スクロール:ワークアウトの内容に従い、表示内容が自動的にスクロールします
  • バイブレーション:衛星信号捕捉完了時やポップアップメッセージ表示時に振動
  • Wi-Fi:ガーミンエクスプレスを使用してWi-Fi接続設定が可能
  • 自動アップロード:Wi-Fi設定を行うとトレーニングデータをWi-Fiを使用して自動アップロードが可能(送信のみ)
  • Bluetooth(BEL):スマートフォンとBluetooth接続してGarmin Connecteとデータ送受信
  • 通知機能:BLEに接続するとスマートフォンの着信とメッセージなどをForeAthlete920XTJにも通知
  • 管理サイト:ガーミンが運営する「Garmin Connect※1」「GarminConnect mobile(android/iOS)※2」へトレーニングデータをアップロード・ダウンロードする事によりトレーニングデータの管理や公開が可能 

    ※1:Garmin connectを利用するには、まずパソコン側からGarmin Expressソフトウエアから製品登録が必要です。Garmin Expressソフトウエアは、Windows Vista以降、Mac OS 10.7以降のOSに対応しています。 (Windows RT、iOSは非対応)
    ※2:本機とBluetooth接続するためには、スマートフォンがBluetooth Low Energy(BLE)に対応している必要があります。iPhone:iPhone4S(iOS7)以降のモデル、 Android:Bluetooth4.0に対応したハードウェアにAndroid 4.3以降が搭載されたモデル(4.2のBLE対応は不可)

 

ForeAthlete920XTJ 本体
チャージングクレードル
操作マニュアル

更新とダウンロード
いいよねっとHPより、ソフトウェアの無料アップロードが可能です。
警告
本ソフトウェアはこれが適用されるGPS製品にのみアップロードできます。その他の機器にアップロードした場合、使用できなくなる恐れがあります。本ソフトウェアのアップロードに失敗し、その後再アップロードをしても成功しない場合、GPS機器をガーミンアフターサービス部門にお送りいただき検査を受ける必要があります。
ソフトウェアライセンスに関して
本ソフトウェアをダウンロード、インストールするには必ず、下記のソフトウェアライセンス規約をお読み頂き、同意して頂く必要があります。本ソフトウェアをダウンロードまたはインストールした場合、これに同意したものとします。

ガーミン・コーポレーション(以下「ガーミン」)は当社製品を正常に使用されるにあたり、お客様が本アップグレード・ソフトウェア・プログラム(以下「本ソフトウェア」)を、一定の制限の下、かつ独占しないという条件の下で使用することに同意します。本ソフトウェアのタイトル、所有権及び知的財産権は依然としてガーミンが所有し、ガーミンはお客様が個人的に本プログラムを使用することにのみ許可します。お客様は本プログラムをコピーして使用できますが、個人的な使用に限られます。本契約にご署名いただいていなくてもご同意いただいているとみなし、依然として効力を発するものであります。

本プログラムはソフトウェアのアップグレードでのみ提供されます。その他の如何なる保障或いはお客様が必要とされる機能に合致するものではありません。

本ソフトウェアの知的財産権はガーミンに帰属し、かつ米国著作権法及び国際ライセンス協定により保護されています。本ソフトウェアの構成、組織、ソースコードはガーミンの価値ある営業秘密であり、お客様には本プログラムに対して編集、修正、分解、削除その他ソースコードを探る行為をしないことにご同意いただきます。

お客様には米国輸出管理規制に反して、本プログラムをその他の国家に輸出しないことにご同意いただきます。

December 17 2015

ForeAthlete920XTJ v6.10

Downloadダウンロード(41.7 MB)

ForeAthlete920XTJ v6.10

過去の更新履歴

  • ConnectIQ 1.2.0 SDKサポート
  • HRM-Triを使用して保存された心拍数データと過去のアクティビティを更新するためのサポートを追加
  • ランニング中の速度をフットポッドを使用して計測できるようにサポートを追加
  • Bluetooth接続通知のオフ/オン設定を追加
  • 可変クランク長をサポートすつ全てのパワー計にクランク長の設定が有効になります
  • いくつかの追加したカスタムプロフィール名を自動的に変換します。
  • センサー接続通知数を少なくしました
  • 屋外スイムの距離計測に関するアルゴリズムを改善
  • まれにGPS距離が積算されなくなる問題の修正
  • いくつかの設定ファイルやコースを転送する時にファイルが壊れてしまう可能性がある問題の修正
  • プールスイム時のカロリー計算に関するいくつかの問題を修正
  • バーチャルパートナーの遅延ペース、タイムに関する問題を修正

back to top