「昨日までの自分」を超えよう。さまざまな分野でGarminを活用しているGarminアンバサダーが“Beat Yesterday”エピソードを毎日投稿。スポーツや健康などを通して自分をレベルアップさせるためのヒントを見つけよう!さらに、あなたの“Beat Yesterday”エピソードをInstagramに投稿すると豪華賞品が当たるキャンペーンや、GarminSportsアプリ内でのコンペティションも同時開催!あなたも、Garminと一緒に「昨日までの自分」を超えてみませんか?私のBeatYesterdayキャンペーン

「私のBeatYesterday」エピソードリレー

さまざまな分野で活躍されている29名のGarminアンバサダーが、
Garminとともに「昨日までの自分を超えた」エピソードを約1か月にわたり毎日投稿!
競技の枠を超えて“Beat Yesterday”のバトンを繋ぎます。

次の投稿は
昼12:00に公開!

2021.8.16

私のBeat Yesterdayは、
毎週ランナー仲間たちと集まって取り組んでいるポイント練習です。
GARMINウォッチで計測できる心拍数をはじめ、ピッチやストライドなどのあらゆるデータを参考にすることで
前回の自分を超えた、強くなっている自分をより一層実感することができています。
つい先日は、高校生時代の1500mタイムを超え、生涯ベストを更新することができました。
40代に突入しましたが、「いまが一番」をこれからも日々更新していきたいです。
次は皆さんの番です!よろしくお願いします!

2021.8.15

私のBeat Yesterdayは客観的データをしっかり受け止め、自分の生活に活かすことです。
以前は自分のことは自分が一番わかっていると、自覚を過信し、ストレスで急に体調を崩すことがありました。
アマチュアであっても、普段、スポーツをしていて常に自分の限界と戦っている人は、仕事でもプライベートでも頑張ることに慣れすぎて、無理をしてしまう傾向にある方が多いのではないかと思います。
ガーミンマスターとして24時間ガーミン製品と一緒に過ごすようになってから、自分では気付かない点をガーミンが客観的データの蓄積から指摘してくれ、いい意味で息抜きできるタイミングを与えてくれている気がします。
ガーミン製品はトレーニングをする時に着用するというイメージが強いですが、
生活全体を見てくれる相棒として、もっと皆さんの生活のそばに置いてもらえるようこれからも情報発信をしていきたいと思っています。
次は同じくガーミンマスターの@makinohideaki くん、よろしくお願いします!!

2021.8.14

私のBeat Yesterdayは、市民ランナーの皆さんへの指導を通じて、私も成長したこの10年。私のGarmin Connect上での最初の履歴は2011年1月8日。出身大学の構内で近隣住民の方へのランニング教室。4:30/kで10Kをペースメイク。記憶はおぼろげですが(苦笑)、記録と軌跡はハッキリと正確に残っています。それから今日まで皆さんと一緒に、またGarmin ForeAthleteと共に走り続け33000km。指導者としての自身の成長にも、皆さんの走力.・記録アップにも、Garmin ForeAthleteは決して欠かすことのできない素晴らしいランニングパートナーです! 今日のランニング指導もただいま終了。今日も成長できました。ありがとうございました!!

「次は@reiueda_さん、よろしくお願いします!」

2021.8.13

私のBeat Yesterdayは指導者として「スポーツを通じて、関わりのある方々を成功に導くこと」です。自身のトレーニングはもちろん、ガーミンから抽出される様々なデータを活用し、個々の体力レベルや競技スキルの向上を目指しています。またコロナ禍においては、健康的なライフスタイル目指す方々に、ライフログの機能(心拍、睡眠、ストレス、他)を活用し、アクティブかつヘルシーな生活管理を行なっています。今ではモチベーションを維持するための必要不可欠なツールになっています。
昨日を打ちまかし、昨日までの自分を超えるためのバディ!
“Garmin ForeAthlete”
これからも皆さんと一緒に走り続けていきます。
次は@matsui.asuleadさん、よろしくお願いします!

2021.8.09

私のBeat yesterdayは、2021年3月の世界ジュニア選手権で1位で予選通過した瞬間です。
海外の公式戦に出場できる15歳から戦い続けてきた、同級生でロシア人のソフィアという選手がいます。
彼女の才能はスノーボードアルペン界でも輝いており、瞬く間にワールドカップ等の大舞台で優勝をもぎ取っていく中で、私はほとんど勝つことができませんでした。
悔しさを持って迎えた半年間のオフ期間では、ガーミンインスティンクトで体調等の自己管理をしながら、高い質と自分の限界を超える量を意識しトレーニングに取り組みました。
そして迎えた2021年3月、その年最後の試合で彼女の予選タイムを上回ることができた時、苦しかったトレーニングも自分の力になっていたことを感じ涙が溢れてきました。
予選タイムだけではありましたが、彼女への勝利はこれからのオフトレーニングへの更なるモチベーションとなっています。
これからも、ガーミンインスティンクトと一緒にBeat yesterdayに挑戦し続け、世界中で戦い抜いていきたいです。

次は@nae_yagiさん、よろしくお願いします!

2021.8.08

私のBeat Yesterdayは、毎日、新しい情報に出逢うことに意識することです。常に新しい情報に出逢おうとすることで、多くの事に意識が向いていき、自分自身のさらなる向上へと繋がります。キャディとは、多くの情報を、正しいタイミングで、正しい量を、正しくお伝えする仕事です。そう言う意味でも、Garmin Approach Z82のような人間になれたら、常に多くの情報を正しく伝えられる人になれると思います。今日も、素敵な出逢いが楽しみです。
次は@plus3cameliaさん、よろしくお願いします!

2021.8.07

私のBeat Yesterdayは、ゴルフのプレー中に、どれだけ、ストレスレベルの指数を抑えて、快適にプレーが出来るかどうか…と言う事をApproach S62を使用して、毎ラウンド、チェックしてます。やはり、プレッシャーが、かかってるラウンドや、思い通りに行かないラウンドの日は、ストレスレベルが高いです。意外と、スコアに反映するので、プレーも去ることながら、ガーミンコネクトで、ストレスレベルをチェックし、ガーミンゴルフで、その日のプレーを振り返りながら、メンタル面も強化できるように、日常的にチェックしております。
これからもApproach S62を使用しながら、プレーの向上と、ストレスレベルを抑えたゴルフが出来るように、日々、精進して行きます。
次は@sugisawacaddieさん、よろしくお願いします!

2021.8.06

私のBeat Yesterday
僕の職場である海の中から普段使いまで愛用しているのがDecsent Mk2i。ウェルネス系の機能はもちろんのこと、水深、潜水時間、水温などが事細かに記録されるダイブコンピューターの機能が十二分過ぎるほど搭載された優れものだ。先日伊豆大島の現地ガイドから「出産間近のハナタツ(タツノオトシゴの仲間)がいます。撮影に来ませんか?」との誘いをもらい、大急ぎで現地まで向かった。タツノオトシゴの仲間はオスの個体が持つ育児嚢と呼ばれるお腹の袋に、メスが産み出した卵塊を受け取り、育児嚢の中でオスが受精させ出産(ハッチアウト)を迎えるまで育てあげるというユニークな生態を持つ。詳しい時間帯は避けるが、明け方に出産するものが多く、夜中かから海岸でスタンバイし、陽が昇るまでずっと潜り続けその瞬間を待つ。ほぼ真っ暗な海中でぼんやりと光るDecsent Mk2iが示す水温は20℃。完全防水のドライスーツを着用していても寒い。はっきり言って超寒い。神経質なハナタツが出産を止めてしまう可能性があるのでライトも消灯。これで数時間微動だにせず、文字通り暗闇の中で微かに輪郭だけ見えるハナタツの様子をじーっと観察し続ける。「頼むから産んでくれ!」と心で呟きながら。▼続きを表示

しかしながら、自然はそんなに甘いものではない。出産予定としていた日から「今日もダメ」「また今日も産まない」と日数だけがいたずらに過ぎていく。
そしてこれがラストチャンスとなる日の早朝。これまでと同じように準備をして、お目当てのハナタツの目の前で待機をする。この個体はどうやら初産のようで出産の仕方がまだ上手ではないようだ。もう真っ暗闇だった海中がほのかに明るくなりはじめ、他の魚たちも目覚めて泳ぎはじめた。「今日もダメだったか…」と思った瞬間、一匹の小さなハナタツの稚魚が育児嚢からポロっと飛び出してきた。「!!!」脈拍が一気に上がるのを体感し、もう少しだけ粘ること数分。ハナタツは次々に稚魚の放出をはじめた。ガイドも驚くくらいの難産ぶりだったという今回のハッチアウト。諦めたらそこで終わり。昨日ダメであれば今日、今日ダメなら明日。ただこんなことの繰り返しながら小さな生命の誕生に心を震わせる。無事に誕生した稚魚たちは元気に泳ぎ去り、これから自分一匹で生きていく。必死にハッチアウトを終えたオスの愛情と、稚魚たちの無事を祈りここに立ち会うことができた幸運に感謝したい。
次は@mitsutakatsunesumiさん、よろしくお願いします!

2021.8.05

My Best Yesterday.
運動やトレーニングで劣等感など味わった事がなかったのですが、ピラティスは違いました。何もできない自分、動かない関節、硬い身体…思い知らされました。もしラグビープレイヤー時代にピラティスに出会っていたら…怪我なくラグビーを楽しめたかもしれません。自分と同じように怪我に苦しむアスリートを減らしたい!そんな思いでトレーナーになりました。自分が出来ないことは教えられない。自分の身体を変えるために毎日、少しずつ続けてきました。15年以上たった今でもピラティスをすることで新しい気づきがあります。身体の痛いところはなくなり、楽に動けるように。今後もピラティスを楽しんでいこうと思います。
GarminのVenu2なら、手元でピラティスの動画を見ながら動きのガイドもしてくれます!毎日のピラティスのお供に!
次は@ kyufurumiさん、よろしくお願いします‼︎

2021.8.03

私のBeat Yesterday.
2002年に日本初の8000mを越える高所登山の公募登山隊を始めて本年で19年目となります。
長いようであっという間、それでもいろいろありました。
嫌なこと、辛かったこと、悲しかったこと…、数々のドラマがありましたが、
毎年のように夢をもったゲストに逢えて、笑顔をいっぱい作ることが出来て、
そのドラマのほとんどは笑顔で満たされています。
今は、いろんな制約があったり、海外に気軽に出かけられない毎日ですが、
皆さんの夢が続く限り、私もそのお手伝いを続けていきたいと思っています。
「夢の請負人」とは言われていても、夢を持っていない人のお手伝いは出きませんので、
小さくても夢を見ることを大切に生きてもらいたいです。
昨年より今年、先月より今月、昨日より今日が進化した素晴らしい日々であるように祈りながら。
私も昨日よりも良い笑顔で今日を過ごし、今日より良い笑顔で明日を過ごそうと思います。
次は@ freebird3369さん、よろしくお願いします!

2021.8.02

アンバサダーを務めさせて頂いている、
Garmin様のBeat Yesterday キャンペーン
ライフセービングの@出来谷さんからバトンをいただきました。
私はトレーニングの際、Garmin connectアプリを活用しています。
Garmin connectアプリ内の《チャレンジ》企画に参加して、その目標を達成すると、バッジが貰えます。
期間限定バッジやレアバッジなど、種類がたくさんあるので、トレーニングのモチベーションアップに繋がっています。
Instinct には、バイクやランニング以外にも、ヨガやウォーキング、SUPモードがあるので、それぞれのトレーニング目的に合わせて、使い分けています。
Garminのおかげで、毎日楽しくBeat Yesterday ができています。
コロナ禍で様々な制限がありますが、皆さんもGarminを使って、軽い体操やウォーキング、寝る前のストレッチやヨガなど、積極的に身体を動かす習慣をつけて、健康な生活を送っていただけたらと思います♪
次は登山家の@guideken8848さん、宜しくお願い致します。

2021.8.01

My Beat Yesterday.
30歳の誕生日から始めた、毎年、誕生日に年の数のkmだけ漕ぐというもの。
競技的なピークも身体的なピークもありますが、気持ちのピークはないはずと信じ、昨日の自分を超えるため、去年の自分を超えるため、そして未来の自分への喝を入れる意味を込めてBIRTH DAY Trainingを行っています。
何が起こるわけでも何が貰えるわけでもありませんが、きっと何かがあるだろうと信じ、100歳で100km独漕を目標に積み重ねていこうかなと思っています。
その過程に意味はないけれどその過程を重ねた全てが最高の結果に成る事を信じて。
Garminのスマートウォッチ:Instinctなら手元でGPS情報を取得できるので、距離や消費カロリー、漕いだ時間が正確に把握することができます。100歳でのチャレンジの際もきっと私の頼れる相棒になってくれるはずです。

次は@hideka26さん、よろしくお願いします!

2021.7.31

私のBeat Yesterdayはコロナで大会がある、無い関係なく毎日海と向き合ったことです。時にはSUPやアウトリガーカヌーを漕いだり、サーフィンやフォイル・サーフィンをしたり。時には釣りをしたり。Fenix 6 PRO DUAL POWERのおかげで音楽を聞いたり10時間以上の海峡横断でもバッテリー切れることなく支えてくれました。これからも変わらず日々海と向き合いその素晴らしさを多くの人に伝え続けれたらなと思います!
次は@dededekiさん、よろしくお願いします!

2021.7.30

私のBeat Yesterdayは出産後から身体を戻すこと。
初めての出産を終え、身体の変化を感じている毎日。
妊娠中よりGarmin Connectで妊娠中の状態を管理し、出産後も家で出来る筋トレを少しづつ始めながら身体の管理をしています。
妊娠で1番変化したのは体重と心拍数。
もちろん身体は重くなったのですが、心拍は安静時中から上がりやすくなり階段などでも苦しいと思うことが多くなりました。
心拍をGARMINのハートレートセンサーでしっかりモニタリングしながら走る身体を取り戻していければと思います!
母になったことで「強く変化した」と言えるように!!
次は@kenny_kanekoさん、よろしくお願いします!

2021.7.29

心拍数、獲得標高、休息時間などを知らせてくれるGarminは時にコーチであり、時にライバルです。そしてGarminの精神は私をいつもプッシュしてくれます。
奥信濃100トレイルランニングレースを開催するために、いまコースの開拓と整備を進めています。藪をかき分け、渓流に滑り落ち、懸命に作業しています。トレイル率は90%以上なのに、累積標高差は4150m以下という、国内では珍しい走れる「100kmコース」です。
100kmという途方もないレースを開催するのもチャレンジですが、このロングトレイルは、いつでも誰でも自由に走れる常設ルートにするのが私の夢です。このチャレンジはレースが終わっても続いていきます。
「奥信濃100」、トレイルラニングと奥信濃が100年続くように願いを込めました。幸せなトレイルラニング/奥信濃でお待ちしています!
次は@kamoukoさん、よろしくお願いします!

2021.7.28

「GARMINと共に安心・安全なトレイルラン大会開催のために」
・全コースの把握
・全域で繋がる無線通信の構築
・危険を回避し、分かりやすいコース設定
・適切な誘導、エイド箇所の確認
などなど、上げたらキリがない。
安心・安全な大会を運営するために。
あらゆる事態を想定し準備しすぎるくらいがちょうど良い。
GARMINでログを記録しながら、無線機を持ってコース上を駆け回る。
頑張る選手のために!
安全対策に完全はない。
昨日まで想定していた大会運営体制を更に超える安心・安全のために!!
現場でチェック&ブラッシュアップ!!
これが、私のBeat Yesterday
次は@takuya.alpさん、よろしくお願いします!

2021.7.27

私のBeat Yesterdayはどんな波のコンディションでも屈することなくサーフィンの練習に励んだ事です。
GARMINのInstinct Dual Powerを手にしてからは、すべてのサーフィンセッションの距離、スピード、本数が簡単に把握でき、サーフィン後のデータチェックが日課の一つとなっていました。
また、サーファーにとっては必要不可欠な
タイドグラフもGPS機能によって世界中の場所でチェックすることができるので
タイドグラフを見て日頃の練習の時間を決めて取り組むことができました!
これからもInstinct Dual Powerと共に目標に向かって挑戦していきたいと思います!
次は @shunsuke_okunomiya さん宜しくお願い致します!

2021.7.26

私のBeat Yesterdayは17年間ゴルフを、そして12年間フィジカルトレーニングを継続して続けてこれたことです。
飽き性な私ですがゴルフだけは、常に進化し続ける為に、毎日1歩ずつでも、という思いでここまで来れたと思います。
Garmin Approach S42と出会ってからは、もともと苦手分野でもあったデータ管理が細かく簡単に出来るので上達の手助けになっています!
これからもGarminとともに更なる目標に向かって頑張っていきたいと思います!
次は@daikitanaka0614さん、よろしくお願いします!

2021.7.25

私のBeatyesterdayは 中学生時代から、ペダリングの高効率化を狙ったパワートレーニングを継続していることです。
自転車のトレーニングの場合、空気抵抗による抵抗など外的要因が大きく、速度計だけではトレーニング強度を正確に評価することはできません、機材にお金かけても限界があり、根本的な走力の向上は、身体の使い方の意識を高めることが重要です。
GARMIN RALLYのペダル型パワーメーターで、ペダルの踏み遅れがないかなど、客観的ペダリング指標を常にモニタリングしながらトレーニングをしています。
美しいペダリングが身につくと、バイクの性能を引き出すことで、きっと自分の愛車がさらに最高の相棒に。
自転車と身体が一体となるような、正に"人馬一体"の感覚を持って走っていきましょう。

2021.7.24

私のBeat Yesterdayは、手術を乗り越えて走り続けていることです。
手術後は、もう以前のように走れるようにはならないと諦めていましたが、たくさんの仲間の支えもあり、ランニングに復帰することができました。
今は走ることを心から楽しめていて、Garmin Connectに自分の走った記録が取得され、その記録が積み重ねられていくたび、走れる喜びを噛みしめています。
心拍数・血中酸素のデータを管理することで、日々の健康状態も管理することができています。
本当に自分のやりたいことであれば、絶対に諦めない。
私は、これからもGarmin ForeAthleteと共に走り続けます!
次は@kinofit.jpさん、宜しくお願いします!

2021.7.23

私のBest Yesterdayは、自身の運営するランニングチーム「RDC RUN CLUB」「SWAC」の練習会です。
ランナーの皆さんの目標実現をサポートするために、コーチングスキルや知識を日々アップデートしていく必要があります。ランのみならずフィジカル面の強化も含めてアプローチできるように日々勉強しています。
また、運動強度の指標として心拍数の設定や、ランニングフォームの指標としてランニングダイナミクスの数値の分析など、ガーミンの機能はコーチングに重要です。
参加者の方も含めてガーミンを活用して目標実現に向けて取り組んでいきます!
次は@iamnaotoakibaさんお願いします!

2021.7.22

私のBeat Yesterdayは日々のマラソンに向けたトレーニングです。マラソントレーニングは走る質、量ともにとてもハードなものです。そんなトレーニングを続けていくと昨日までできなかったトレーニングが少しずつできてくる。それが自分の成長、可能性として私の原動力となっています。トレーニングをやっているともちろん怪我のリスクもあります。少しでもそのリスクを減らすためにGarmin ForeAthlete 745でさまざまなデータをとって自分の状態を把握、分析しそれを活用しています。特にランニングダイナミクスで走っている時のフォーム、バランスや心拍数を自身の数値で比較して疲労度を測るのに活用しています。これからも最高のトレーニングをGarmin ForeAthleteと共にやっていこうと思います。
次は@yuki_yagi_さん、よろしくお願いします!

2021.7.21

私のBeat Yesterdayはカナヅチから始めたトライアスロンのスイミングが、大会下位10%から上位10%でフィニッシュ出来るようになったことです。
その裏付けとして Fenix6xpro や ForeAthlete945 で計測できるSWOLFの向上があり、平均が概ね40から3年間で35になりました。
SWOLFとは水泳効率の指標で、SWOLF=(長さの中のストローク数)+(長さを完了した秒数)。例えば25秒で泳ぎ終え、合計11ストロークをした場合は、SWOLFスコアは36となり、スコアが低いほど良いとされます。
いくつになっても、どのレベルでも向上、進化することは凄く嬉しいことですね。
次は @yuki_sato310 さん、よろしくお願いします!

2021.7.20

幼少期より周りがやっていない新しい事へのチャレンジが大好きな私のBeat Yesterdayは、2年前から夢中になっているFoil surfing(約30年前に私を魅了した創世記のMMAに匹敵する衝撃w)を少しでも上達すること!GARMIN Instinct Dual Power surf editionはライディング時の距離やスピードが計測できるので目標設定がし易く「昨日より少しでも距離やスピードを伸ばすぞ!」というモチベーションには欠かせない相棒です。これからもこの相棒と一緒に少しでも今の自分を超えて行きたいです。
次は@tktakeyakenji さん、よろしくお願いします!

2021.7.19

私のBeat Yesterdayは、FKTへの挑戦です。昨年から個人のプロジェクトとして始めた「Japan F.K.T. Journey」。現在全国10道県15コースで挑戦してきましたが、FKTはレースと違い競争相手がいないので常に自分との戦い。妥協しようと思えばいくらでもできてしまう。そんな時にGarminで今の心拍数を確認することで最後まで追い込むことができます。また、事前にコースデータを取り込んでおくことでコースを間違えることなくFKTに挑戦できます。Garminは私の挑戦をサポートしてくれるデバイスです!
次は@ruminasatoさん、よろしくお願いします!

あなたの“Beat Yesterday”エピソードを投稿して豪華賞品を手に入れよう!

Garminとともに、健康やスポーツなどで「今までの自分を超えた」エピソードを教えてください!
Instagram に写真とエピソードを投稿いただいた方の中から抽選で、豪華賞品をプレゼント!

Garmin Japan 公式Instagram アカウント@garminjpをフォローしてください。

以下の3つの内容を含んだ投稿をInstagram に投稿してください。

  • ・Garminのウェアラブルデバイスを使用して、スポーツやウェルネスライフの中で、「昨日まで、これまでの自分を超えた!」(Beat Yesterday)と実感されたエピソード(300~500文字程度)
  • ・エピソードに関連する画像(Garmin Connectアプリの過去・現在の比較や推移などのスクリーンショットや、お持ちのGarminデバイスの写真など。複数枚可)
  • ・ハッシュタグ「#私のbeatyesterday」「#ガーミン」

2021年7月19日(月)~9月5日(日)

上記期間内に投稿された方が対象となります。

期間中に投稿いただいた方の中から、抽選でGarminの最新ウェアラブルデバイスをプレゼントします。
プレゼントは各部門別で選考いたします。各部門につき1名様に以下の商品をプレゼントいたします。
(当選者の発表は発送をもって代えさせていただきます)

Running部門

ForeAthlete 745

Golf部門

Approach G80

Bike部門

Varia RTL515

Outdoor部門

Instinct Dual Power

Wellness部門

Index S2

※画像はイメージです。実際の賞品とは異なる場合がございます。

GarminSportsのバーチャルイベントに参加して豪華賞品を手に入れよう!

Garminマスターの上田怜氏と牧野英明氏による、Garmin Sportsアプリでのバーチャルイベントも同時開催!
エントリーして各賞を受賞された方には豪華賞品をプレゼントいたします。
Garmin Sportsアプリをダウンロードしてエントリーしよう!

Garmin Sportsアプリをダウンロードのうえ、イベントにエントリーしてください。

*コンペティションへのエントリー公開は8月上旬以降を予定しています。

2021年8月16日(月)~9月5日(日)

上記期間内にエントリーされた方が対象となります。

プレゼントの詳細は追って発表いたします。

Garmin SportsはGarmin Connectのデータと連携するスポーツソーシャルコミュニティです。フィットネス指導やトレーニングカリキュラムを見つけたり、トレーニング内容をシェアしたり、コンペティション(バーチャルイベント)に参加して競い合うことができます。仲間と一緒にトレーニングすることで、より効果的に成長することができます。

Garmin Sportsについて詳しく見る

アプリのダウンロードはこちら

キャンペーン開催を記念したウォッチフェイスをダウンロードしよう!

キャンペーンを記念して、「ジャパンスピリッツ」をテーマにした3つのウォッチフェイスを7月23日より配信。
あなたのウォッチフェイスにダウンロードして、キャンペーンをより楽しもう!

Garmin Connect Mobile, Garmin Connect IQ Mobile または Garmin Express 経由でウォッチフェイスを設定してください。
設定方法についてはこちらをご覧ください。