Garminのゴルフ対応製品は正確なコースマネジメントや
トレーニングをサポートします

ApproachCT10

全てのショットを記録するクラブトラッキングセンサー。

Approach CT10
ApproachZ80

GPS搭載によりゴルフナビ機能を兼ね備えた次世代のレーザー距離計。

Approach Z80
TruSwing

校正不要の高性能スイング解析センサー。3Dスイングアニメーションと7つのデータ項目で自分のスイングを分析できます。

TruSwing
ApproachS60

ガーミンオートショット、フルカラータッチパネルでコースビュー、ピンポインター、通知機能を備えたハイエンドモデル。

Approach S60
ApproachS20

クラス最軽量・ショットの位置と飛距離を自動計測、ハザードにも対応したアドバンスモデル。

Approach S20

新着情報

2019年ゴルフ新ルールの対応について

2019年からゴルフの正式ルールにて距離計測器の使用が認められるデバイス。一部機能を制限することで使用可能です。
詳細はこちら

重要なお知らせ

2018年 3月上旬のGarmin connect mobile(アプリ)のバージョンアップより 以下の一部項目がGarmin Golfアプリへ移行となります。
※4月現在、引き続きGarmin connect mobile上でもスコアボードの閲覧は可能ですが、仕様変更により割愛させて頂く場合がございます。

【対象箇所】
ゴルフ
・スコアボード(スコアカード)
「Garmin Golf」アプリはGarmin connect から 開くことができます。
※Garmin Golfアプリがインストールされていない場合には、アプリのダウンロードページが開きます。Garmin Golfアプリのスコアカードよりご確認下さい。

  

レッスン動画

日本女子プロゴルフ協会認定ティーチングプロの「別府由里子」さんによるTruSwing™ のレッスン動画です。6回にわたりスイング改善に向けてのポイントを分かりやすくご説明致します。

 

収録ゴルフコース

ユーザーサポート

スイング解析センサーTruSwing™

TruSwing™ Jを使って簡単に自身のスイングを計測することができます。 計測する際に煩わしいキャリブレーション(校正)作業の必要がなく、クラブにセンサーを取り付けてボールを打つ事ですぐ計測ができます。
スイング計測結果は、ペアリングしているスマートフォン上に3Dスイングアニメーションとして表示され、簡単に確認することができます。
※スイングデータの結果は"GarminCOnnect Mobile"で確認できます。過去に記録したスイングデータと比較して分析も行えます。

 

オンラインでデータをまとめて管理

ラウンドが終了したら「Garmin Connect」にデータを送信してみましょう。
Garmin Connect」ではApproach® で記録したスコアが確認できる他、フェアウェイヒット、パーオン率、平均パット数などの確認や、データのグラフ化を見ることができ、一緒にプレイした人たちと記録を共有し、誰がどのラウンドを勝ったかを追跡することもできます。
Garmin Connect Mobile™(Android/iOS)※をインストールすると、場所を問わずにスコア情報をアップロードすることができます。
※本機とBluetooth接続するためには、スマートフォンがBluetooth Low Energy(BLE)に対応している必要があります。