反射型の Chroma ディスプレイ

光の変化が激しく過酷なアウトドア環境下におけるアクティビティのために作られています。鮮やかな見た目を優先するだけでなく、直射日光下での視認性や省電力性能に優れるため、安定したパフォーマンスを発揮し続けます。

見やすさと省電力の両立

周囲が明るいほどよく見える画面

屋外で日光の反射で画面が見ずらかったことはありませんか?シャワーや水泳の後、画面が雲って見にくくなりませんか?一般的に知られてないかもしれませんが、普通の液晶ディスプレイは条件が良い室内環境に対応するように設計されています。アウトドアの環境下では、各種光源により一般的な液晶ディスプレイでは問題が発生します。ディスプレイの輝度が外光に負けてしまい、表示内容が確認できません。そのため、バックライトを強くする必要があり、電池の消耗が早くなります。

太陽の下で明らかになる鮮明さ

強い光の下ではその影響を打ち消すために、バックライトの輝度を上げて映像を明瞭にする必要があるため、デバイスの電力消費がより大きくなります。 Garmin Chromaディスプレイは、液晶を光らせるための主光源として外光や太陽光を使用しています。太陽光が強い環境下では画面が鮮明になるため電力を消費しません。暗所や夜間などのみバックライトの点灯を必要とします。 太陽の下であろうと暗所であろうと見やすさを保ちます。 同じ状況下において他社製品は数日で再充電が必要になりますが、Garmin製品は数週間、さらには1ヶ月以上の稼働時間を提供することができます。鮮やかに表示するだけでなく、長距離を走るマラソンや長期間の冒険など、活動に集中する事ができます。

表示が静止している時の電力消費はゼロ

反射型の Chroma ディスプレイは、一般的な液晶ディスプレイに比べて 7 倍以上のバッテリー駆動時間を誇る MIP(Memory in Pixel)技術を使用しています。これは Garmin 製品の稼働時間を伸ばすためのキーポイントとなっています。 液晶画面は小さなピクセルの集まりで構成されています。 MIP の場合、このピクセル 1 つ 1 つが別々の小さなメモリに接続されることにより表示状態を記憶します。 そのため、画面が更新された場合のみ、そのピクセルを書き換えるために電力を消費します。その他の書き換えが必要無いピクセルに関しては電力を全く消費しません。 この利点としては、画面が静止している場合は消費電力がほぼゼロに近いということです。

MIPハイエンド表示技術

一般的なディスプレイ

MIPハイエンド表示技術

一般的なディスプレイ

オプティカルボンディングは光の反射を低減します

オプティカルボンディングは、ガーミンの航空宇宙製品開発の優れた例であり、厳しい条件下における液晶ディスプレイの視認性向上のため、さまざまな分野の製品に導入されています。 液晶ディスプレイの製造において、ガラスとパネル間の空気層は異なる屈折率となるため、視認性に影響を及ぼします。 しかし、Garmin 製品は液状のオプティカルボンディングを注入しているため、温度差のある環境下でもほぼ同じ屈折率を維持でき、光が異なる素材を通過した時の反射を抑える事に成功しています。 湿気の多い環境では、水分の浸透は表面の曇りを引き起こし、画像の明瞭さを大幅に向上させます。