Garmin Elevate 光学式心拍計

光学式心拍計で心拍数を計測際に、外的要因の影響が想像をはるかに超えています。
Garmin Elevate 光学式心拍計技術が終始ライバルを越えられるキーポイントは?

静と動の狭間を的確に捉える

ノイズの抑制がキーポイント

静止時の心拍モニタリングは容易ですが、運動の最中はさまざまな環境要素の変化により、光学式心拍計による心拍モニタリングは難易度がアップします。汗、震動、温度、使用者の姿勢、スタミナ消費の起伏、または機器と皮膚の隙間も光学式心拍モニタリングにおいてさまざまな妨害ノイズを生じます。ランダムな動きをする場合は、更にノイズのフィルタリングが難しくなります。Garminは独自のアルゴリズムでリアルタイムにノイズをフィルタリングし、さまざまな状況に対応し、大幅に精度をアップします。新生代のウォッチは進歩を目指してフィルタリングに掛かる時間の短縮、速さ、データ表示の精度を追い求めます。

ノイズ

正確なデータ

ダブル周波数でいつでも高精度

Garmin はパーツの設計、生産、製造まで自社開発をしているため、そのすべての工程を把握しております。高効率の光学モジュールと専門的なアルゴリズムを組み合わせて、省電力にも関わらず精度の高い結果を出す事に成功しました。静止している場合、多くの他社製品は心拍数の計測を止める場合がありますが、Garmin Elevate は 2 種類の異なる測定周波数により静止、または活動量が少ない場合は、測定間隔を広げて心拍データを収集します。高強度の運動を測定する場合には、測定間隔を狭めて計測精度を上げています。激しい運動から長時間の静止まで、24 時間いつでも精度が高く効率的な計測をおこないます。

24 時間 365 日モニタリングのセンサー

血液中にはヘモグロビンが存在しています。ヘモグロビンは酸素の運搬量により、光の吸収率、反射率が異なります。この特性を利用し、Garmin のウォッチは緑の光で手首を照らし、それが皮膚を通過して血液中のヘモグロビンに反射、そのデータを収集して、心拍数を計測します。動脈の血流量は心臓の収縮と拡張に合わせて規則的に変化します。収縮すれば、ヘモグロビンの密度が上がり、より多くの緑の光を吸収します。拡張すればヘモグロビンの密度が下がり、より多くの緑の光を反射します。

ヘモグロビンの密度が高く、緑の光をより多く吸収

ヘモグロビンの密度が低く、緑の光をより多く反射

心拍数管理:健康の鍵

「心拍数のモニタリングが必要なのはプロのスポーツマン」という考えは、一般的な固定観念かもしれません。しかし、多くの臨床医学研究において、心拍数をモニターすることによってスポーツの成果とトレーニングの効率をアップすること以外にも、身体の状況を把握して、健康問題の事前予防ができると立証されています。また、過去では「胸ベルト式ハートレートセンサー」はスポーツ中に心拍数を測るための唯一の選択肢でありましたが、その着脱の不便さと長時間着用による違和感ゆえに、多くの利用者は不快に思っていたかもしれません。我々は心拍数のモニタリングは簡単で、誰もがいつでもどこでもできる事だと思っております。「心拍モニターを日常化」の信念を持って、Garminは「光学式心拍計」の技術研究開発を始めました。