インドアスポーツ ソリューション| Virtual Run

バーチャルランで新しいジョギングを楽しもう

Garminのランニングウォッチを使って、友達と一緒にオンラインでランニングをしよう!

*対応製品 (ForeAthlete 945、745、245、fēnix 6、MARQ)

世界で初めてZwift Runに対応したウォッチ

Garmin は日々のトレーニングを楽しくかつ自由に走りたいというランナーの希望を叶えてきました。そして、世界で初めてZWIFTでのランニングに対応しました。ForeAthlete 945、ForeAthlete 245、fēnix 6、またはMARQをZWIFTに接続すると、心拍数とケイデンスをウォッチから自分のZWIFTアカウントに送信することができます。Garminのトレーニングおよびランニング機能と組み合わせれば、室内でもランニングを楽しめます。

バーチャルランの楽しさを体感しよう!

とても簡単にバーチャルランニングを始めることができます。

「スタート」を押してアクティビティを開始し、リストから Virtual Run を選択。Zwift や他のサードパーティの仮想ランニング用プラットフォームに接続し、バーチャルの世界に入ります。自宅で世界中のランナーと手軽にエクササイズしましょう!

ランニングで効果的にトレーニングする方法

ペースをコントロール

ほとんどの場合、20~40分間走っていると体内のグリコーゲンが徐々に減っていきます。体内に貯蔵されているもう1つのタイプのエネルギー (脂肪) は、さらに高い割合で燃焼されていきます。速く走りすぎると、エネルギー不足や乳酸の蓄積で体が疲れやすくなり、結果的に運動時間が短くなって脂肪燃焼の効果が少なくなります。適度なペースで効率的に運動時間を延ばし、有酸素能力を高めることで、体を刺激して蓄えられた脂肪をさらに燃焼させることができます。

心拍数をコントロール

人間の体は一定の割合でエネルギーを消費します。炭水化物は高いエネルギー変換率をもつため、脂肪とタンパク質に加えて最も効率的なエネルギー源です。この種のエネルギーは変換率が高いです。体を激しく動かすと心拍数が上昇し、体は炭水化物の消費量を増やして生理学上必要な要素を満たします。心拍数が最大心拍数の60~70%になると脂肪消費率が徐々に最適化され、体はエネルギーを得るために脂肪燃焼へ移行されます。

十分な休息

ランニング後には、毎回休息して身体を回復させる時間が必要です。Garmin のウェアラブルデバイスは「予測リカバリータイム」という便利な機能があります。Firstbeat は、独自の生理学と様々なデータから包括的な評価を行いトレーニング後、体に必要な回復時間を確認することができます。高強度なトレーニングの継続、及びレース参加の準備に大きく役立ちます。

バーチャルラン対応製品

ForeAthlete 945

音楽再生機能を搭載したランニング/トライアスロン用 GPSウォッチ

詳細

ForeAthlete 745

音楽再生機能を搭載した先進のランニング/トライアスロン用 GPSウォッチ

詳細

ForeAthlete 245 Music

音楽再生機能と先進のトレーニング機能を搭載したGPSランニングウォッチ

詳細

fēnix 6 Series

マルチスポーツ対応のハイエンドGPSウォッチ

詳細

MARQ

GPSプロウォッチ

詳細