Garmin Pilot™

Garmin Pilot™

プラン、ファイル、飛行、ログ

  • グローバルでバラエティ豊かなマッピングや天気情報が利用可能
  • 世界中でのVFRフライトプランおよび米国と欧州におけるIFRフライトプランの提出、修正、クローズが可能
  • HSIやオプションの3Dビジョン、高度情報、アメリカやヨーロッパ・カナダのジオリファレンスチャートを使ったナビゲーション
  • 自動ログ、飛行経験レポート、写真付きパイロットログブック
  • 対応デバイスを使用したConnext® 経由のコックピット接続

あなたのiPadやiPhoneがコックピットの理想的なパートナーになります。Garmin Pilotは、バラエティ豊かでインタラクティブなマッピング、3D Vision、航空気象情報、グローバルフライトプランのファイル、電子フライトバッグ機能、オプションの交通/天気予報、パイロット日誌など、当社の数十年にわたる豊富な経験から生まれた機能が指先で操作できます。

フライトを計画

Garmin Pilotは、METAR、TAF、AIRMET、SIGMET、高層風、NOTAM、リアルタイムの落雷データなど、様々な世界気象データへのアクセスを提供します。米国、西ヨーロッパ、オーストラリア、カナダでは、アニメーションレーダー、赤外線および可視衛星画像が利用可能です。他にはないNavTrack機能により、気象条件の変化によってフライトがどのように変わるのかをプレビューできます。Garmin Pilotでは、昼夜とも、VFR、IFR、風速のパーソナルな最小値を設定することもできます。

Garmin Pilotのマップタブから目的のルートをフライトプランフォームに入力します。そこから気象を簡単に覆い、ルート全体を表示するためにピンチインしたり、ピンチアウトして詳細をズームしたり、任意の飛行区間をグラフィカルに修正したりすることができます。フリーハンドのフライトプランモードでは、移動中のマップ上に描画された空港、VOR、インターセクションを含むフライトプランが自動的に作成されます。内蔵の計算機で、フライトの燃費、往復の飛行区間と到着時間を推計できます。プリロードされたフォームを使用して、頻繁に飛行するフライトプランのクリアランスデータを保存して再利用できます。

Garmin Pilotでは重量とバランスを簡単に計算して、飛行機を確実にフライトエンベロープ内に位置させます。当社の人気の高い航空機のライブラリからデータをインポートするか、Garmin Pilotにデータを入力し、仲間のパイロットと共有することも可能です。フライトプランに重量とバランスを同期させたり、お気に入りとして保存したり、記録用にロードシートを電子メールで送信できます。

フライトプランを提出

プリフライトの計画が完了したら、自分のデバイスから直接作成したフライトプランを簡単に提出、修正、クローズすることができます。VFRのフライトプランは、世界のどこからでも提出することができます。 Garmin Pilotには、自動ルート機能も含まれており、米国やヨーロッパでのIFRフライトプランの提出をサポートしています。 Garmin Pilotアプリは、パイロット、航空機、フライトプランの情報をクラウドに保存できるため、デバイスを変えるたびに情報を再入力する必要はありません。 Garmin Pilotアカウントにサインインして、お気に入りのデバイスまたはflyGarminでパイロットプロファイルにアクセスするだけです。
VFRフライトプランは世界のどこからでも提出可能であり、IFRフライトプランは米国でサポートされています。

 

精密に飛ぶ

Garmin Pilot内で電子チェックリストを見て、各フライトの準備が整うように手続きを行うことができます。ライブラリからインポートしたチェックリストを選択するか、航空機のPOH(パイロット操作ハンドブック)のデータをGarmin PilotまたはflyGarminのWebサイトに手動で入力します。 Database Conciergeを使用すると、Garmin Pilotを使用して、互換性のある航空電子機器の航空データベースをワイヤレスで更新することも可能です。自宅でGarmin Pilotの個々のデータベースを選択してダウンロードし、モバイルデバイスに保存後に使用することができます。あなたのデバイスが飛行機に無線接続を確立すると、ガーミンパイロットは最新のデータベースを互換性のある電子メールに数分で直接転送し、有効な日付まで待機します。

Garmin Pilotは、デバイスに内蔵されたGPSレシーバー、オプションのGDL 39、GLO for AviationまたはConnext互換の コンフィグレーションを使用して、豊かでインタラクティブなムービングマップ上に完全なエンルートナビゲーションを提供します。ユニークなラジアルメニューは、ユーザーのウェイポイントを作成したり、またはDirect-toをナビゲートする簡単なオンスクリーンアクセスや最新の気象条件および空港/航行援助施設情報を一目でチェックできます。当社の特許取得済みPanel Pageは、対地速度、高度、旋回速度、垂直速度をグラフィカルなHSI指向ディスプレイとインジケータを含む状況認識を提供します。また、ETE、ETA、クロストラックエラー、経由地までの距離、現在の位置などを自動的に追跡します。Garmin Pilotにはクルーズ、上昇、下降のパフォーマンス表が組み込まれており、ETEの精度とフライトの燃費計算が向上します。

Smart Airspace™は、現在の高度に近い空域を自動強調し、現在の高度から離れた空域は非強調表示し、状況の認識を高めます。オプションのGDL 39またはConnext互換のコンフィギュレーション1を使用すると、米国で飛行中にADS-BまたはSiriusXM®気象情報およびADS-Bデータリンクトラフィックを受信できます。特許取得済みのTargetTrend相対モーショントラッキング技術は、航空機の飛行経路に関連して航空機の軌道および地上接近率をより迅速かつ直感的に判断する方法を提供します。TerminalTraffic技術は、空港環境におけるADS-B装備航空機および地上車両の最も包括的な図をパイロットに提供します。滑走路、誘導路、ハンガーの場所などの参照を含む、ムービングマップ上に重ねられたSafeTaxi®ダイアグラムを使用すると、空港の環境を簡単に把握できます。さらに、Jeppesen®電子チャーティングサブスクリプションを持つパイロットはGarmin Pilot内のアプローチチャートを表示できるようになりました。

日誌としても活用

Garmin Pilotは、日付、時刻、航空機、到着/出発空港、着陸、備考、航空機カテゴリ、飛行条件、保証などを追跡します。あなたのフライトに関する様々な情報を記録しているため、昼夜の時間帯を含め、離陸から着陸までの合計時間を記録することで、ログブックを自動的に開始します。さらに飛行経験情報のトラック、Garmin Pilotは昼または夜の条件ごとに離陸と着陸の回数を自動的に追跡します。この情報は自動的にクラウドと同期し、Garmin PilotとflyGarminを使用してデバイス間でアクセスできるという利点があります。

表示画面はiPad®を使用しております。
iPhone®およびiPad®とAndroidでは機能が一部異なります。詳細はUSサイトをご覧ください。

 

iPhone®およびiPad®はApple Inc.の登録商標です。
AndroidはGoogle Incの登録商標です。

no data.

no data.

no data.

アップデート可能なソフトウェアはありません

読み込み中

読み込み中