ナビゲーションリンクをスキップ
Reactor 40 Mechanical/Retrofit/Solenoid Corepack With GHC 20

Reactor 40 Mechanical/Retrofit/Solenoid Corepack With GHC 20

商品番号 010-00705-49

ONLINE STORE

GARMINが提供する最高オートパイロット

  • ソリッドステート9 軸姿勢方位基準装置 (AHRS) 搭載
  • 最小の方位誤差、コース偏差、方向舵運動、およびより快適な乗り心地でのクルージングか可能です
  • コミッショニングとキャリブレーションの最小化
  • ヘディングホールド、ウィンドホールド、ステップターン、タック/ジャイブモードをサポート

パワーボートとヨット用に設計された完全なパッケージを備えたガーミンは、かつては商業用ボートでしか利用できなかった高度な海洋技術をボートの人々に提供します。 Reactor 40オートパイロットシリーズは、これまでに提供した中で最も応答性の高いオートパイロットシステムです。

Reactor 40のオートパイロットは非常に汎用性があります。パワーボートとセーリングの両方の機能は、ヘッディングホールド、風のホールド、タック/ジブ、ステップターンなど、すべてのコアパックで利用できます。既存のステアリングシステムと互換性のあるオートパイロットを選択するだけです。互換性のあるReactor 40が見つからない場合、Reactor 40 mechanical / retrofit / solenoidは、油圧、ケーブル駆動、機械およびソレノイドのいずれのステアリングシステムとも互換性があります。 すでに搭載されているドライブシステムとGRF™10をペアリングするだけです。

Reactor 40メカニカル/レトロフィット/ソレノイドオートパイロットコアパックは、直接またはケーブル作動ステアリングシステムを備えた帆船やパワーボートに最適です。このReactor 40自動デッキのオートパイロットシステムは、あなたのセイル、ライン、ウインチ、ラジオに心配することなく安全にお乗りになるために必要な「余裕」をキャプテンに与えます。Reactor 40はソリッドステートの9軸AHRSを採用しており、あらゆる方向にどこにでも設置でき、最小限の試運転しか必要としません。

ソリッドステート9軸姿勢ヘディングシステム

高度なソリッドステートの9軸ソリッドステートの9軸AHRS(Attitude Heading Reference System)を使用することで、GHP Reactorをあらゆる方向でどこにでも搭載することができます。さらに、この新しいシステムにより、機首方位誤差、コース偏差、舵の動き、および消費電力を大幅に最小限に抑えながら、すべての機内で快適な乗車が可能になります。

状況に反応する

このオートパイロットは実際にコースを保持するためにローリング ピッチングに反応します。ボートが傾いているときでも、GHP Reactorのオートパイロットがあなたの望むコース保持することができます。

最小限の調整と校正

すべてのオートパイロットは試運転とキャリブレーションが必要です。このプロセスをできるだけ迅速かつ簡単に行います。

Garminチャートプロッタとの完全な統合

あなたは、チャートプロッタのディスプレイからGHP Reactorを完全に制御できます。互換性のあるガーミンのネットワーク化されたチャートプロッタとBlueChart®g3Vision®のチャートを組み合わせることで、自動的にGPS経路を操縦するAuto Guidance¹などのオプション機能を楽しむことができます。

Shadow Drive™テクノロジーで制御を続ける

GHP Reactorは、特許取得済みのShadow Drive技術を採用しています。これにより、オートパイロットが作動しているときでも、ステアリングを切って手動制御を維持することができるというセキュリティが得られます。ステアリングが回されている場合、シャドウドライブシステムは自動的に自動操縦を解除し、ボートを操縦する自由を与えます。安定したコースを保持すると、自動操縦は自動的に再開します。

3クラスのドライブから選択

Reactor 40には、中型から大型の船舶に搭載されたさまざまなステアリングシステムを駆動できる3つのリニアドライブ(別売)が用意されています。すべてのGarminリニアドライブには、ラダーフィードバックの検出機能が内蔵されています。

  • クラスAドライブユニット - 最大28,500ポンド(13トン)の排水量
  • クラスBコンパクトドライブユニット - 最大48,400ポンド(22トン)の排水量
  • クラスBドライブユニット - 最大79,000ポンド(36トン)の排水量

ネットワークデバイスに接続する

Reactor 40オートパイロットは、最大3つのGHC™ヘルムコントロールユニットを使用して操作されます。GHCはNMEA2000®ネットワーク経由でオートパイロットシステムと通信するため、オートパイロットヘッダーデータを他のデバイスと簡単に共有できます。これにより、Garminチャートプロッタに接続したときにMARPAとチャートオーバーレイが有効になります。オプションのハンドヘルドワイヤレスリモコンも利用できます。しかし、最高レベルの利便性のために、互換性のあるquatix 海洋マルチスポーツスマートウォッチを使用してGHCを制御します。

より高性能にする場合

オプションのGRF™10ラダーフィードバックセンサーを追加すると、GHP Reactorオートパイロットの性能をさらに高めることができます

1Auto Guidanceは計画目的のみのため、安全なナビゲーション操作に取って代わるものではありません

  • CCU 寸法: 4.3 " x 4.4 " x 1.9 " (10.9 x 11.2 x 4.8 cm) 
  • ECU 寸法: 6.6 " x 4.6 " x 2.1 " (16.8 x 11.7 x 5.3 cm) 
  • 電源電圧: 10 V to 30 V
  • 動作温度: -15° C to 60 C° (5° F to 140° F)
  • 最大持続モーター電流: 15A
  • 最大瞬時モーター電流: 40A 
  • 最大クラッチ電流:2.5A(2.5Aより高い電流を必要とするドライブの場合、リレーをクラッチ回路に追加する必要があります)

GHC 20 仕様

Bブザー/アラーム仕様  

  • 寸法 (L × 直径): 29/32 in. × 1 in. (23 mm × 25 mm) 
  • 重量: 2.4 oz. (68 g)
  • 温度範囲: from 5°F to 131°F (from -15°C to 55°C) 
  • ケーブルの長さ: 10 ft. (3.0 m)
  • Reactor 40 CCU (コースコンピュータユニット)
  • GHC™20ヘルムコントロールディスプレイ
  • ECU(電子制御ユニット)
  • ECU 電源ケーブル
  • 相互接続ケーブル
  • ブザー
  • NMEA 2000ドロップケーブルs (2 meters)
  • NMEA 2000 Tコネクタs
  • オス/メスターミネーター
  • ドキュメント

読み込み中

読み込み中