Golf Science - A man golfing

ヘルスサイエンス

Garmin製品の提供する個人の健康やアクティビティについての洞察の多くは、心拍数データから直接、もしくは分析によって得られています1。 これには、一日のストレスを追跡したり、BodyBatteryエネルギーモニタリングを行ったり、呼吸数と睡眠の確認、そして燃焼カロリー数計算などの機能が含まれます。 心拍数は、歩行速度、ランニング速度、もしくはサイクリングパワーデータ(互換性を持つデバイス上)と組み合わせると、VO2maxで測定された心肺フィットネスの詳細をさらに詳しく見ることも可能です。

心拍

心拍とはどのようなもので何を教えてくれるのでしょうか?

心拍数は、1分あたりの鼓動の数です。心拍数の追跡は、運動強度を測定し健康状態を把握するための明確で便利な方法です。心拍数は、身体の最も重要なバイタルサインの1つで、年齢、性別、その他の身体的特徴などの要因によって異なります一般的に、正常な成人の安静時の心拍数は、平均で約 75 回/分(60~-100 bpm)です。

一般的に、正常な成人の安静時の心拍数は、平均で約75回/分(60~-100 bpm)です。

安静時心拍数(RHR)および最大心拍数(HRmax)

RHRとHRmaxは、基本的にHRの下限および上限のことです。 これらの数値は両方とも、様々な理由で重要です。 類似点も数か所ありますが、それぞれの数値に個別に検討しなければなりません。

RHRは日常的に変化します。 通常成人のRHRは60〜100 bpmの間で変動する可能性があります。そして、アスリートの場合は、変動範囲がそれよりもさらに低くなる可能性があります。 通常RHRが低い場合、健康な心肺フィットネスレベル(VO2 max)、十分な睡眠、低いレベルのストレス、アルコール及びタバコなどの覚醒作用のある嗜好品の使用の禁止を表します。
Garmin製品は、通常睡眠中もしくは起床の少し前にRHRを測定します。 RHRを正確に測定するためには、時計を付けながら寝ることをおすすめします。

HRmaxは心臓が脈を打つ最速の速度です。 RHRとは違い、HRmaxは毎日変わることはありません。また、フィットネスレベルの影響をほとんど受けないので、体調に変化があった場合にもHRmaxが増加することはありません。

最大心拍数は比較的安定していて、年齢を重ねるたびに徐々に低下します。 これは、フィットネス、回復状態、食事の変化などを反映する安静時の心拍数とは違います。

精神状態を含め、人間の生理機能は人それぞれによって異なります。 自然に他者より少し速く打つ場合も、少し遅い場合もあります。 ただし、原則としては年齢を重ねるにたびにHRmaxは低下します。 この原則に関する洞察は、次の式を用いて個人のHRmaxを測定するために、幅広く使われています:220 –自分の年齢= Hrmax bpm3。 もしくは、自分のHRmaxをすでに知っている場合は、デバイスもしくはGarmin Connectアプリに入力することも可能です。

心拍変動 (HRV)

心臓の鼓動が常に一定のリズムを保っているわけではないことをご存知でしょうか?

心拍変動(HRV)とは、心臓の 1 拍ごとの拍動の長さの変化のことです。

心臓はメトロノームのように安定した拍動を維持していません。実際、心拍が変化することは正常で健康的です。心拍変動 (HRV) データは、ストレス、ボディバッテリーや最大酸素消費量 (VO2 max)、乳酸閾値などの身体的な目安を測定することに利用されます。Garmin の光学心拍計の技術を搭載したデバイスは、心拍変動 (HRV) データを使って睡眠の質を評価することもできます。


Garmin がどのように心拍変動 (HRV) データを利用して正確な身体の健康情報をユーザーに提供しているのかを理解するには、異なる状況で心拍数が変化する理由を知ることが鍵となります。

自律神経系 (ANS) は心臓をコントロールします。つまり、自律神経系は意識的にコントロールされていない身体機能をコントロールしています。自律神経系には、交感神経系と副交感神経系の 2 つの主要な要素があります。交感神経系は、ストレスを感じると活発になります。自律神経系が覚醒状態になっています。逆に、副交感神経系は体が安静にしていて危険を感じないときに活発になり、よりリラックスした状態で働きます。つまり、交感神経系が働いているときは、心拍数が増加し、より安定したテンポの鼓動になります。これは心拍変動の減少に対応している証拠です。

対照的に、副交感神経系が活動していると、心拍数が低くなります。身体的な要求が満たされていれば、心臓はそれほど頻繁に鼓動する必要はありません。鼓動はストレスがかかった状態よりも安定せず、異なったものになります。言い換えると、心拍変動が増えていることになります。このような関係から、心拍変動(HRV)の測定は、自律神経系の 2 つの要素の相互作用を追跡し、身体のストレスレベルを評価する理想的な方法です。HRV が高いほどストレスは低いことになります。

Garmin は、どのように心拍数を検出するのでしょうか?

Garmin Elevate光学式心拍計を搭載したデバイスを装着することで、24時間連続して心拍数を追跡できます。このデバイスは心拍数をリアルタイムで瞬時に感知して表示します。Garmin Connect アプリでは、長期的なデータを見て傾向を確認し、健康状態をより良く理解することができます。


自動最大心拍数検出

互換性を持つGarminデバイスは、パフォーマンスデータを用いて最大心拍数を自動的に更新することが可能です。現在設定されている最大心拍数よりも高い値が特定されて、信頼性のしきい値を超過すると、デバイスもしくはGarminConnectアプリで最大心拍数がアップデートされます。

この機能は、デバイスの生理学的指標-> 自動検出メニューでオンとオフを切り替えることが可能です。


心拍数ゾーン

心拍数ゾーンは、アクティビティ中の強度の確認やガイドを行う簡単な方法です。

心拍数ゾーンをパーソナライズすることによって、時間の経過とともにワークアウト効果を向上する準備が整います。 回復セッションではやり過ぎないようにし、より良い持久力トレーニングのダイヤルを行い、より刺激的なトレーニングのためにペースを上げる時期を確認しましょう。

互換性を持ったGarminデバイスを使うと、ランニング、サイクリング、水泳用のアクティビティ固有の心拍数ゾーンをカスタマイズすることができます。 これらは、一般的なアクティビティプロファイル用に構成するゾーンに加えて使うことができます。


心拍ゾーンを使用

心拍ゾーンは、パフォーマンスの現在の強度についての洞察を提供します。 ワークアウトのフィットネスもしくはパフォーマンスについての利点を予測するためには、強度、期間、回復、リピートの組み合わせを考慮しなければなりません。 これは、特定のトレーニングおよびトレーニング計画の全体像の範囲内に適応します。

心拍ゾーンはその式の強度要素から推量を除去します。

あらゆるゾーンで色々なトレーニングに集中することによって、体力、持久力、パワー、その他のメリットを得るために役立つ、バランスの良いトレーニングレジメンを作成することが可能です。 一般的には、低いゾーンはウォームアップや回復に最適で、高いゾーンは体調の改善に貢献します。

下記は、デフォルトの心拍ゾーンの説明です。 違うトレーニング目的でゾーンをカスタマイズすると、そのゾーンが説明と一致しない場合があります。


ゾーン1(ウォーミングアップ):最大心拍数の50〜60%
ゾーン1でのトレーニングは、リズミカルな呼吸をしながらリラックスした簡単なペースでトレーニングをするように感じます。 心臓へ血液を送り出すための能力および筋肉の酸素を使う能力を向上させます。 活発なウォーキングは、ゾーン1の代表的な運動です。

ゾーン2(脂肪燃焼):最大心拍数の60〜70%
ゾーン2でのトレーニングは快適なペースで行われ、呼吸はより深くなりますが、会話を続けることができます。 回復と基本的な心血管トレーニングに最適です。 軽度なジョギングは通常の場合、ゾーン2に分類されます。

ゾーン3(有酸素):最大心拍数の70〜80%
ゾーン3のトレーニングは適度なペースで行われ、会話を維持するのがさらに難しくなります。 この運動によって、肺と心臓が強化され、持久力の向上が期待できます。この運動は ゾーン3で簡単に実行することができます。

ゾーン4(マラソンペース):最大心拍数の80〜90%
ゾーン4では、力強い呼吸を維持しながら、速く、激しいペースで動いています。 この運動は無酸素能力および乳酸閾値の改善に貢献します。 早いペースでの走行はゾーン4に分類されます。

ゾーン5(無酸素):最大心拍数の90〜100%
ゾーン5では通常の場合、長期間維持するのが難しいスプリントペースになります。 呼吸をするのも難しいです。 ゾーン5のトレーニングは、パワーだけでなく、嫌気性と筋肉の持久力も構築します。

呼吸数

呼吸数は、1日における1分間の平均呼吸数 (brpm) を測定し、光パルスレート技術を使用して吸入と呼気をそれぞれ追跡します。安静時に呼吸数が少ないのは健康のしるしです。成人の場合、安静時に通常の呼吸数は12から20 rpmを記録します。

安静時に呼吸数が平均よりも多い場合、または少ない場合は、健康上の問題や空気質に問題がある恐れがあります。

ブレスワークエクササイズ

意識向上、ストレスの減少、精神的な改善、業務パフォーマンス向上、良質な睡眠、呼吸法、注意深い呼吸などが役立ちます。

互換性を持つGarminデバイスは、組み込みの済みの呼吸法アクティビティプロファイルを用いて、静けさ、一貫性、リラックス、集中などの異なる呼吸法を練習することが可能です。 様々なテクニックを試すと、次のことが期待できます。

Breathwork Exercises

トランクイリティ

これは、睡眠の準備のための10分間のアクティビティです。 4秒間吸い込み、7秒間キープし、8秒間かけて吐くことができるようになるまで、ゆっくりと行います。

Tranquility

コヒーレンス

この15分間のアクティビティは、興奮したり過度にリラックスしたりするのではなく、バランスが取れて落ち着いた気分になるのに役立ちます。 6秒の吸い込みと6秒の吐きだしができるようになるまで、ゆっくりと呼吸します。

Coherence

リラックスとフォーカス

これは、ストレスなく集中できる状態になるための15分のアクティビティです。 「ボックス呼吸」もしくは「四拍呼吸」と呼ばれることもあるこのテクニックは、「4:4:4:4」の呼吸パターンを含みます。この呼吸パターンでは、4秒間で吸い込み、4秒間キープ、4秒間で吐いて、 4秒間またキープします。

また、このアクティビティは5分間のバージョンもあります。これは、デバイスが異常に高いストレス傾向を検出し、「リラックスリマインダー」アラートを表示した際にユーザーに提案されます。

これが終わると、デバイスはアクティビティの継続時間、活動中の平均心拍数、呼吸法アクティビティから検出されたストレスの変化等を表示します。 GarminConnect™アプリでそれぞれのアクティビティを確認し、セッション中の呼吸の数、ストレス、心拍数のグラフ等を確認することも可能です。

もし呼吸法の練習が初めはぎこちない場合でも、あきらめないでください。 パターンに慣れて、呼吸をよりよくコントロールする方法を学べば、さらに呼吸法の利点に気づくことができます。 呼吸法は他のエクササイズと同じ様に、練習が必要です。 しかし、他の練習とは違って機器を用意したりレッスンをしたりする必要ありません。 ただ静かな空間や枕があれば十分です。

Relax and Focus

ストレスレベル計測

ストレスデータは何を表しているのでしょうか?

ストレスデータは心拍変動(HRV)から取得することができます。ストレスが多い経験は私たちの心臓の活動に影響を与えます。一般的に、心拍変動(HRV)が低いということは、体にストレスがかかっていることになります。同様に、心拍変動(HRV)の値が高いほど、ストレスレベルが低下しており、また、ストレスの多い状況に耐えられるようになっていることを示しています。トレーニングや身体活動、睡眠、栄養摂取および日常的なプレッシャーは、すべてあなたのストレスレベルに影響を与えます。

ストレスレベルの範囲は 0~100 で算出されます。0 から 25 のスコアで低いストレスレベル、26 から 50 は中程度のストレスレベル、51 から 75 は高いストレスレベル、76 から 100 は非常に高いストレスレベルを表しています。この機能は、毎日のストレスレベルを理解し、ストレスを抑えるためにタイムリーな調整を行うのに役立ちます。

ストレススコアが50を超えたら、次のことをおこなってください。

  1. 立って散歩してください。または、目を閉じて深呼吸を行ってください。
  2. 集中していることを一旦中断して、音楽を聞いてください。
  3. シャワーやお風呂、または睡眠をとって体を回復させてください。

適度なストレスレベルは、私たちがよりよく機能するのに役立ちますが、過度のストレスは健康に有害となる恐れがあります。ストレスを解消する方法は決まっていません。自分に合った方法を見つけるには、さまざまな方法を試す必要があります。

Body Battery

Body Battery は、心拍変動(HRV)、ストレスレベルや睡眠の質、毎日の活動レベルなどを分析し、ユーザーの身体的エネルギーの個人的な蓄積量を正確に測定します。

0 から 100 までのエネルギー尺度で表示されます。スコアが大きければ大きいほど、その日の活動に費やすことができるエネルギーの蓄積量が大きくなります。スコアが低ければ、休養が必要であるというサインです。

Body Battery は、1 日の活動量を管理するのに役立ちます。スコアが高いときは、身体をテストできるほど体力や精神力が十分であることを意味します。スコアが低いときは、休んだ方がいいかもしれません。Body Battery のスコアを追跡することで、日常生活を改善することができます。たとえば、朝の Body Battery が低い場合は、前日の活動データを確認して、エネルギーが不足している理由を分析することができます。

血中酸素トラッキング

Garminのウェアラブルデバイスは、血中酸素トラッキングのセンサーを使用して血中酸素レベルを表示します。私たちの心臓血管系は、体全体に酸素を分配する役割を担っています。血中酸素トラッキング値は、フィットネスとウェルネスにおいて参考となるデータです。Mayo Clinicによると、通常血中酸素レベルは95〜100%で、90%未満は低値とされています。

高地での活動に参加する場合、血中酸素は身体の順応状態の参考となり、高度の変化に伴う血中酸素の増減を追跡するのに役立ちます。また、普段の生活のなかで身体的パフォーマンスに関する洞察を得ることができ、個人の健康の長期的な傾向を追跡するのに役立ちます。

* 血中酸素トラッキング対応機種はこちらでご確認ください。

P

先進の睡眠モニタリング

先進の睡眠モニタリング睡眠モニタリング技術は、心拍数、HRV、呼吸、活動レベルのデータを分析します。毎晩、浅い眠り、深い眠り、レム睡眠 (急速眼球運動) という周期的な波が交互に現れます。

浅い眠り、深い眠りとレム睡眠 ステージ1. 浅い眠り:身体が深い眠りに入る準備をすると、眼球の動きや筋肉の活動が低下します。この種の睡眠は身体をリラックスさせます。

ステージ2. 深い眠り:深い眠りの間は、眼球の動きや筋肉の活動が完全に停止し、心拍数や呼吸が遅くなります。身体が回復モードに入り、骨と筋肉組織を作り、また、免疫機能を高めます。

ステージ3. レム睡眠:深い眠りから出ると、各周期の長さは短い周期から長い周期へと長くなります。レム睡眠は夢を見ているときで、脳は起きているときとほぼ同じくらい活発になっています。レム睡眠は記憶の形成と情報処理において重要です。
* 一部のデバイスでは、呼吸数の感知をサポートしていません。


睡眠の質の改善方法とは?

  1. 規則正しい睡眠パターンを身につけ、規則正しい睡眠と起床を心がけましょう。
  2. 寝る前に、刺激物を避け、適量を食べるようにしてください。これにより、睡眠の質に影響を与える消化不良や空腹感を回避できます。
  3. 夕方に体を動かしてみてください。日中と夜間の体温の差を大きくすると、より深い睡眠が促進されます。

睡眠の質には、年齢、環境、時差、以前の睡眠、薬、アルコール摂取量や過眠症または睡眠時無呼吸症などの睡眠障害など、他にも多くの要因が影響します。


あなたの睡眠の質に点数をつけるために

Garmin はあなたの心拍変動(HRV)、呼吸数、心拍数、寝返り数、睡眠時間などを合わせて睡眠の質を分析し、睡眠に点数をつけます。ウォッチが今どの睡眠段階にあるかを検出し、睡眠の「浅い、深い、レム、非睡眠」各段階の質を測定します。質の良い睡眠は「回復睡眠」段階に入ったことを意味します。ウォッチが心拍変動と心拍数を分析して、寝ている時に、質の良い睡眠を取ったかを判断します。質の良い睡眠は副交感神経が優位の状態を意味し、逆に、ストレスが睡眠の質を低下させます。そして一日中ウォッチが取った健康の情報とトレーニングのデータを合わせて計算し、睡眠に点数をつけて、アドバイスを提供します。採点結果は大きく 4 種類に分けられ、100 点とはよく眠れていることを意味します。十分な睡眠時間をとっていて、ほとんどが回復睡眠ということを表します。80-99 点は、睡眠の質が良好であることを意味し、50-79 はまあまあな睡眠の質を表します。0-49 は、よく眠っていないことを意味します。より正確な測定結果を得るために、ウォッチを一日中手首に着用することをお勧めます。
* 睡眠ウィジェットは fēnix 6 と MARQ のみ使用可能です。

女性の健康

生理周期トラッキング

生理周期トラッキング機能は、月経と排卵の周期を予測し、生理痛やにきびなどの月経周期と関連する物理的現象を手動で記録することができます。継続的に行う長期モニタリングは、アプリ内の栄養表示などの機能とマッチしています。それによってサイクルの各段階に対する身体の反応をよりよく理解し、それに応じた計画を立てることができます。

月経周期が不規則な女性や閉経期に入った女性でも、この機能を利用して総合的に健康状態を把握し、健康情報にアクセスすることができます。

* Garmin のウェアラブルデバイスおよび付属品は医療用製品ではないため、参考としてのみ使用してください。いかなる疾患や診断、治療、軽減および予測にも使用しないでください。ご使用になる前に、ご自身の体調を確認し、必ず医療関係者にご相談ください。

妊娠のトレッキング

もし現在妊娠している場合は、女性の健康設定でサイクルタイプとして「妊娠中」を選択することができます。 この動作によって、もし現在月経周期をトラックしている場合は周期の予測を一時停止することができます。このモードでは、胎児の在胎週数とサイズの表示や、妊娠中に行う運動及び栄養についての各週の教育の提供、他のサイクルタイプからの多くのログオプションの提供などが含まれます。

ログとリマインダーオプション

妊娠が進行するにつれて症状およびログの必要性が変動する可能性があるので、あらゆる伐採オプションが便利になります。 この機能は以下の機能を含みます。

  • 妊娠中の気分、分泌物、妊娠特有の症状など、あらゆるログカテゴリ
  • キックやしゃっくりなど、胎児の動きを手動でトラックする機能
  • 1日中、血糖値を手動で入力することができる機能(妊娠糖尿病と診断された場合)

水分補給の目標をトラックしたり、ケーゲルを練習するようにリマインドしたりするのに役立つ、カスタマイズされたリマインダーを設定することも可能です。

フィットネストラッキングおよびVO2Max

フィットネスは感覚以上のものです。 適切なツールを使うと簡単に測定することができ、適切な視点を用いることで管理も容易になります。通常の場合医療専門家は、フィットネスについて話す時に、VO2maxの観点から測定される心肺フィットネスをベースにしています。

VO2maxは、心肺フィットネスを表す単一の数値です。 これはユーザーの体が1分間の激しい運動で使うことができる酸素の最大量をトラックします。 この情報は、有酸素エネルギー経路を使って活動を促進する能力を理解するために必須です。言い換えれば、VO2の最大値が高ければ高いほど、栄養素に蓄積されたエネルギーを有酸素的にパフォーマンスに変換するために、さらに多くの酸素を体に取り入れ、体内をめぐり、そしてその酸素を使うことができます。

Garminデバイスによって推定される重要な健康指標であるVO2maxの観点をベースにしてフィットネスについて考えることには、たくさんの利益があります。 そしてユーザーが十分に健康状態の際には、定期的なアクティビティの欠如がユーザーの健康を危険にさらす可能性がある瞬間を知らせてくれたりします。


VO2Maxを理解し、改善する

VO2maxの意味は、その値が高いほど良いということです。 ユーザーとって良いレベルは、年齢や性別などの要因によって異なります。 これは、体組成(脂肪、筋肉、骨、臓器)の違いと、酸素を利用する力が年齢を重ねるたびに低下するという事実によるものです。


GarminがVO2の最大値を推定する方法

Garminデバイスの中には、心拍数とGPS追跡をアクティブにしてランニングもしくは早歩きを記録するごとに、VO2の最大値を自動的に推定するものもあります。 アクティビティの過程において、デバイスに組み込まれているファーストビートアナリティクスエンジンは、移動速度及びそのペースの維持に努めるために体がどれほど動いているかとの関係を調べます。

GPS非内蔵のGarminデバイスの中には、GPS及び電力データをベースにして、ペアリングされたスマートフォンからの位置情報を利用したり、またはコンピューターをサイクリングしたりすることで、加速度計データを使ってVO2maxを推定することができるものがあります。

フィットネス年齢

フィットネス年齢とは、実際の年齢と比較した時の健康状態の推定値のことです。 フィットネス年齢の値は、健康的な選択や定期的な身体アクティビティが新鮮で活力を与えることができるように役立つということを思い出させます。 同時に、フィットネスの年齢が実際の年齢よりも上の場合は、たとえ正しい方向への小さな一歩だとしても、その時の気分に多大な影響を与える可能性があることを忘れないでください。


VO2Maxを用いたフィットネス年齢

フィットネス年齢の統計は、VO2の最大推定値との関連性がある解釈です。 これは、現在のVO2の最大フィットネスレベルを、同性で様々な年齢の人々の通常の値と比較して計算されます。

人間が年齢を重ねるたびに、心肺フィットネスは通常の場合低下します。 しかしパフォーマンス能力の低下は、定期的な身体的アクティビティによって遅くなり、ある程度の逆転を見せることもあります。

週間運動量

ほとんどの健康組織は、成人が毎週最低150分の適度な強度の身体的アクティビティを行うことを推奨しています。 同じ様に、健康上の利点は、最低75分間の激しい強度の身体的アクティビティを行うことによって達成することが可能です1。 これらの提案された量を超過することによって得られるさらに大きな健康上の利点があります。 自分の健康および身体的アクティビティを行う能力について懸念及び質問がある場合には、必ず医師もしくは資格を持つ医療専門家にご相談ください。

人々の健康を目指す組織のほとんどは、成人が毎週最低150分の適度な強度の身体的アクティビティを行うことを推奨しています。 同時に、同じ様なの健康上の利益は、最低75分間の激しい強度の身体的アクティビティを取得することで達成することができます1。 提案されたアクティビティの量を超過することで得られるような大きな健康上の利点があります。 自分の健康及び身体的アクティビティを行う能力に関して懸念もしくは質問がある場合は、必ず医師や他の資格のある医療専門家にご相談ください。

カロリー消費

体重を管理したりカロリーの記録を取ったりしたいというのは、ウェアラブルデバイスや健康管理ツールを使う最も一般的な理由の2つです。 肥満は、心臓病をもたらす主要な危険因子です。 反対に、肥満を減少させることで、睡眠を改善したり、筋肉や関節の痛みを軽減したり、2型糖尿病の発症の可能性を減らしたりすることに大きな違いをもたらすことが可能であるということも分かっています。

アクティブカロリー対残りのカロリー

人間は常にカロリーを燃焼します。 私たちがすることにはすべて、エネルギーを必要とします。 睡眠を取ったり、ソファに座ってテレビを見たりしている時も、カロリーが消費されています。 当然のことですが、身体のエネルギー需要は身体が活動している時に大幅に増加します。 代謝活動は身体活動の強度とともに増えます。 ファーストビートアナリティクスを搭載したGarminデバイスは、1日の消費カロリー数を把握するために役立ちます。

「アクティブカロリー」という用語が表示されている場合、これは身体アクティビティ中に消費したカロリーを表しています。 もう1つのカテゴリの「安静時カロリー」とは、活動していない期間に消費されたカロリーのことです。 これらは、呼吸、血液の循環、体温の維持、神経系の活動、睡眠など、体の機能を維持するのに消費されるカロリーです。 燃焼した安静時カロリーは、基礎代謝率と呼ばれます。

カロリー消費の追跡

毎日食事をするのに消費するカロリーを理解することで、アクティブなライフスタイルのニーズをサポートように食事が行えていることを確認できます。

水分補給

人間の体は生きるために水分を必要としています。 水は人間の体重の約60%を占めています。そのため、水分補給を続けることの利点は明らかです。 この利点には次のものが含まれます。

  • 体温の調節
  • 関節の保護
  • 老廃物除去
  • 敏感な組織防御
  • 減量の促進
  • 慢性疾患に関する防御

Garminデバイス上で性別を選ぶと、その選択に基づいてデフォルトの毎日の水分補給目標が設定されます。 この目標は、米国科学アカデミーを含む、信頼性の高い医療機関の推奨事項に基づいています。 このデフォルトの目標値を使うこともできますが、独自の目標を設定することもできます。 自動目標オプションを選択した場合、水分補給の目標は実行する時間指定のアクティビティの推定発汗量に基づいて増加します。 発汗量は、運動量や周囲の温度を分析することによって推定されます。