GarminがNMEA最優秀賞の2018 マニュファクチャー&テクノロジー・オブ・ザ・イヤーを受賞


これによりGarminは2018年、最多受賞の船舶用電子機器メーカーになりました。

Garmin社(NASDAQ: GRMN)の子会社であるGarmin International社は2018年10月2日、NMEA® (National Marine Electronics Association:全米船舶用電子機器協会)が選考するManufacturer of the Yearに4年連続で指名されたことを発表しました。この賞はNMEAのメンバーによって投票され、海洋電子分野における製品サポートに関して最も評価された会社に与えられるものです。

世界有数の船舶用電子機器メーカー1であるGarminは自社のPanoptix LiveScope™で、NMEA技術賞(NMEA Technology Award)と、実用的なマルチファンクションディスプレイ(MFD)、オートパイロット、マルチメディアエンターテイメント、モバイルアプリケーション-ユーティリティ部門において4つの優秀製品賞(Product of Excellence Awards)も獲得しました。これらの賞は9月25日~28日、フロリダ州のパームビーチガーデンズで開催される2018年NMEA Convention and Expoで発表されました。

「この分野で当社の業界最高レベルの技術とディーラーやお客様への当社製品サポートの両方がNMEAから高く評価されたことを心から誇りに思います。最高級のハードウェア、ソフトウェア、そしてサポートをお届けする取り組みはこれまで以上に強固なものとなり、誰もが切望するこれらの賞の受賞は、業界トップの当社製品に対する真摯な姿勢と真の証の結果です。」と、Garmin のグローバルコンスーマーセールス部門の副社長である Dan Bartel は述べています。

メディア関係者2名とNMEA認定の海洋電子機器技術者(CMET)2名を含む4名の審査員団は今年ノミネートされた16の製品を評価しました。その結果、Panoptix LiveScopeに唯一のNMEA技術賞の栄誉を受けました。最近、世界最大の釣具見本市と言われるInternational Convention of Allied Sportfishing Trades (ICAST)で「ベストオブショー(Best of Show)」を受賞したLiveScopeは、釣り人にこれまでとは比較にならない高い解像度の水中動画を提供します。ボートの下や周囲や前方のストラクチャー、ベイトフィッシュ、泳ぐ魚の向きまでもわかるリアルタイムの動画を提供する最初で唯一のレジャー向けライブスキャニングソナーです。

「LiveScopeは最初で唯一のライブでリアルタイムなレクリエーショナル スキャニングソナーです。トランスデューサには真下方向と前方方向の2つのモードがあります。LiveScopeは革新的なシステムで、スキャニングソナーとライブソナーを組み合わせることで、ボート停止時にはボート下と周囲60mまでのストラクチャー、ベイトフィッシュ、魚の分かりやすいリアルタイムな動画を提供します。9軸ジャイロヘッディングセンサー内蔵振動子はボートの揺れに合わせてソナービームを継続的に調整して自動でブレ補正します。」と、NMEA技術賞審査員は述べています。

Garminは、市場で最高の画面解像度を誇る24インチ オールインワン タッチスクリーンチャートプロッタであるGPSMAP® 8624においても3年連続MFD部門で受賞しました。GPSMAP 8624にはあらかじめ海岸用のBlueChart® g2 とLakeVü HDの内陸マップが搭載されており、レーダー、オートパイロット、計器表示、マルチスクリーン、センサー、リモートソナーモジュール、デュアルスイッチ、サーマルカメラなどとの完全な互換性があります。

GarminはSmartPump付き GHP Reactor™ 40油圧オートパイロットにおいてオートパイロット部門で6年連続首位を獲得しています。GHPリアクターはAHRSテクノロジーを利用するGarminの初代レクリエーショナルオートパイロットシステムで、細かい当て舵補正、ブラシレスモーター流量制御でどんな船舶にも役に立つことは明らかです。

GarminブランドのFUSION®もApple AirPlay®と内蔵型Wi-Fiを備えた世界初のタッチスクリーン型船舶用ステレオであるApollo RA770マリンエンタテイメントシステムにおいてマルチメディアエンターテイメント部門で3年連続受賞しました。

最後に、GarminのActiveCaptainはモバイルアプリケーション-ユーティリティ部門で賞を受賞しました。ActiveCaptainは海図 湖沼図、最新アップデートソフトウェアの自動配信、船外での航路プランニング機能、ウェイポイント管理など途切れのないコンテンツ管理システムを実現させる無料のオールインワンモバイルアプリです。

Garmin の製品ポートフォリオには業界で最も洗練されたチャートプロッタやタッチスクリーン多機能ディスプレイ、ソナーテクノロジー、高解像度レーダー、オートパイロット、高解像度マップ、航海設備、および革新的で信頼性に優れた使いやすいその他製品とサービスが含まれています。

数十年に渡り、Garminはアクティブなライフスタイルを送る人向けに設計された新しいGPSナビゲーション、ワイヤレスデバイス、アプリケーションを開拓してきました。そしてGarminでは、自動車、航空機、フィットネス、船舶、アウトドアレクリエーションを含む5つの主要な事業部門を展開しています。

 

1 2017年度に報告された売上に基づきます

 

 

Garmin International 社について

Garmin International 社は Garmin 社 (Nasdaq:GRMN) の子会社です。Garmin 社はスイスの法人であり、その主な子会社は米国、台湾、英国にあります。Garmin、GPSMAP、BlueChart、Fusion は Garmin 社またはその子会社の登録商標であり、LiveScope、GHP Reactor、ActiveCaptainはそれらの商標です。

その他のブランド、製品名、会社名、商標、サービスマークはすべて、それぞれの所有者の所有物です。All rights reserved. 無断複写・転載を禁じます。

 

将来予想に関する記述:

この発表にはGarmin社およびその事業についての将来予想に関する記述が含まれています。そのような記述は経営陣の現在の予想に基づいています。この発表で言及された将来予想に関するイベントおよび状況は発生しないことがあり、実際の結果は、2017 年 12 月 30 日に終了した年に関して Garmin より米国証券取引委員会(SEC)に提出される (Commission file number 0-31983) フォーム 10-K での年次報告書に記載されたリスク要因を含みますが、これらに限らず、Garmin に影響を与える既知のリスクおよび不確定的なリスク要因の結果として大きく異なる可能性があります。フォーム 10-K のコピーはhttp://www.garmin.com/aboutGarmin/invRelations/finReports.htmlで参照できます。将来予想に関する記述は保証できません。将来予想に関する記述はその時点での見解であり、Garmin は新情報、将来のイベントその他の結果を問わず、公式にこれらの将来予想に関する記述を更新または訂正する義務を一切負いません。




【お知らせ一覧】