日本 | Japan
Skip navigation links

Garmin® が Wings For Life World Run とのグローバルブランド提携を継続


スイス、シャフハウゼン発 / 2015 年 11 月3 日 -- Garmin 社は本日、脊髄損傷の治療法を見つけることについて認知度を高め、資金を集めることを目的としたランニングと車椅子のイベント、Wings for Life World Run 2016 とのグローバルブランド提携継続を発表しました。Garmin はイベントの収益がすべて研究と認知度向上という使命に使われるようにするため、今一度イベントの費用の負担を支援する金銭的な寄付を行います。アクティブなライフスタイルブランドとして、Garmin は誇りを持って Wings For Life イベントのパートナーとなり、このレースの目的と「走ることができない人のために走る」というモットーを支持します。

 Wings for Life World Run 2016 は 5 月 8 日に世界 34 の場所で開催されます。レースからの収益はすべて Wings for Life 脊髄研究基金に直接渡されます。

 2014 年に Wings for Life 脊髄研究基金の資金を集めるために始動した Wings for Life World Run は、あらゆる能力の参加者たちによる、ゴールの線、または定められた距離のない、ランニングおよび車椅子のイベントです。すべての地域のレースは同時に午前 11 時 (UTC)に開始され、30 分後にキャッチャーカーが出発し、ランナーを追いかけ、キャッチャーカーがすべての参加者を追い越すとレースが終了します。キャッチャーカーに最後に追い越された女性および男性の参加者がグローバル Wings for Life World Run チャンピオンの称号を獲得します。

 Garmin はユーザーをよりアクティブなライフスタイルへと導くお手伝いをすることに取り組んでおり、Garmin Forerunner® や vivo シリーズを含め、多様なアクティビティトラッカーとウェアラブルデバイスを提供することで、健康とフィットネスに取り組むアスリートたちのやる気をサポートしています。あらゆるレベルのランナー向けにデザインされた Forerunner シリーズは、リストベースの心拍計などランニングに特化した機能を提供し、Wings for Life のようなイベントのためのトレーニングをアシストします。ユーザーが毎日少しずつ進歩するようにサポートするウェアラブルライフログの Garmin vivo シリーズは、距離、速度、心拍数を追跡し、この素晴らしい取り組みに参加するあらゆるスキルレベルのアスリートのトレーニングに理想的なデバイスとなっています。

 ランニング、サイクリング、その他のアスレチックな活動を問わず、Garmin フィットネスデバイスは約 10 年間にわたりアマチュアそしてエリートアスリートの両方にとって不可欠なツールとして存在してきました。さらに、自動車のポータブルナビゲーションデバイスの世界一流のサプライヤーとして、Garmin は Wings for Life のイベント車両向けに GPS ナビゲーションデバイスも提供します。

 2016 Wings for Life World Run は現在登録を受け付けています。ビギナーから専門のアスリートまで、そして通常の日常用車椅子を持つ競技者も、サインアップを歓迎します。すべての参加者が違いを生み出すのです。詳細情報と登録は、wingsforlifeworldrun.com をご覧ください。

 25 年以上にわたり、Garmin はアクティブなライフスタイルの人々向けにデザインされた新しい GPS ナビゲーションとワイヤレスデバイスおよびアプリケーションをリードしてきました。Garmin は、自動車、航空、フィットネス、船舶、アウトドアレクリエーションを含む 5 つの主要な事業部門を擁しています。

Garmin について

Garmin International 社は Garmin 社 (Nasdaq: GRMN) の子会社です。Garmin 社はスイスの法人であり、その主な子会社は米国、台湾、英国にあります。Garmin は Garmin 社またはその子会社の商標です。

その他のブランド、製品名、会社名、商標、サービスマークはすべて、それぞれの所有者の所有物です。All rights reserved.

 

将来予想に関する記述:

この記事には、Garmin 社およびその事業についての将来予想に関する記述が含まれています。それらの記述は経営陣の現在の予想に基づいています。 本記事で言及された将来予想に関するイベントおよび状況は発生しないことがあり、実際の結果は、2014 年 12 月27 日に終了した年に関して Garmin より米国証券取引委員会(SEC)に提出される (Commission file number 0-31983) フォーム 10-K での年次報告書に記載されたリスク要因を含みますが、これらに限らず、Garmin に影響を与える既知のリスクおよび不確定的なリスク要因の結果として大きく異なる可能性があります。 フォーム 10-K のコピーは http://www.garmin.com/aboutGarmin/invRelations/finReports.html で参照できます。 将来予想に関する記述は保証できません。 将来予想に関する記述はその時点での見解であり、Garmin は新情報、将来のイベントその他の結果を問わず、公式にこれらの将来予想に関する記述を更新または訂正する義務を一切負いません。




【プレスリリース一覧】