日本 | Japan
Skip navigation links

ガーミン GPSナビ機能搭載  ハンドヘルド型衛星コミュニケーター  inReach Mini「インリーチ ミニ」が10月4日(木)から発売


~携帯電話圏外エリアであっても、緊急時に位置情報を発信して救助要請が可能に~

GPS機器およびフィットネスデバイスのリーディングブランド Garminの販売を行っているガーミンジャパン株式会社(本社:埼玉県富士見市)は、2018年10月4日(木)より、コンパクトな衛星通信コミュニケーター『inReach Mini(インリーチ ミニ)』を発売します。Orange/Blackの2色展開となります。予約開始は9月27日(木)から開始します。


inReach Mini Orange/Black および inReach Explorer+(発売中)

inReach Miniは、今年7月に発売されたinReach Explorer+(インリーチ エクスプローラー)の機能を継承しつつ、過酷なアドベンチャーでも携帯しやすいよう、軽量かつサイズのコンパクト化を実現しました。

荒野の果てを旅する時も、全世界カバーのイリジウムネットワークを経由して双方向でメッセージの通信をすることができます(※別途衛星通信契約が必要)。また、緊急の場合は、24時間365日対応可能な国際的な救助組織GEOSに対し、その場所の位置情報と共に緊急メッセージを送ることができます。
バッテリー駆動は、充電式リチウム電池を使用し、10分ごとの追跡モードで最大50時間の使用が可能となっています。

inReachデバイスと、衛星通信契約により、アウトドアアクティビティを楽しむ方、山岳ガイド、高圧線保守、探検家など、グローバル通信ソリューションを必要とするすべての人に、連絡を取る必要が生じた時のための備えと安心を提供してくれます。

※使用開始にあたり事前にinReach管理サイトより衛星通信契約(サブスクリプション)が必要です。製品本体のIMEI番号を登録し、契約プランの選択とクレジットカードの登録が必要になります。

▼製品と衛星通信契約の詳細は以下をご覧ください
https://www.garmin.co.jp/minisite/inreach/

<製品仕様>
▼inReach Mini Orange/Black

▼inReach Explore+




【プレスリリース一覧】