ナビゲーションリンクをスキップ

Garmin「第8回 ウェアラブルEXPO」にて Garmin Healthヨルン・ウァツカによる ビデオ講演を1月19日に実施


ウェアラブルを活用したヘルス分野の最新トレンドを紹介

アメリカ発GPS機器のパイオニア、ガーミンジャパン株式会社(以下 Garmin)は、2022年1月19日(水)~21日(金)に東京ビッグサイトで開催されるウェアラブル専門展「第8回 ウェアラブルEXPO」にて、Garmin Healthグローバルビジネス部門を統括する、Jörn Watzke(ヨルン・ウァツカ)による「ウェアラブルデバイスのトレンドと高まるヘルス分野での重要性」に関してのビデオ講演を1月19日(水)に行います。


Garmin Healthによるエコシステムの活用が拡大

今年8回目となる「ウェアラブルEXPO」は、様々な現場や業界を革新する最新のウェアラブル端末から活用ソリューション、最新技術が一堂に会する日本最大級の展示会です。

Garminは日本でも2020年秋より、ヘルスプロモーション、ソリューション事業、研究などをサポートするグローバルプロジェクト『Garmin Health』を始動しました。近年さらに関心が高まったセルフ健康管理だけでなく、子供世代から高齢者までそれぞれ対象の自治体が携わる健康増進プログラム、特定疾病の患者のモニタリングと研究、ウェルネスやフィットネスビジネスなど、GarminデバイスとGarmin Healthの提供するエコシステムの活用の幅はさらに拡大しています。

1月19日(水)に実施されるビデオ講演では、Garmin Health シニアグローバルダイレクターのJörn Watzke(ヨルン・ウァツカ)より、「ウェアラブルデバイスのトレンドと高まるヘルス分野での重要性」をテーマに、ウェアラブル端末の最新トレンドに加え、新たなサービス・事業などを最新のグローバル事例を交えて紹介します。

<特別講演>ウェアラブルデバイスのトレンドと高まるヘルス分野での重要性
日時     : 1月19日(水) 10:00~11:30
講演者    : Garmin Health シニアグローバルダイレクター Jörn Watzke(ヨルン・ウァツカ)
テーマ・内容 :
・ウェアラブル端末による健康・フィットネスデータのトラッキングがもたらす利益
・注目されるウェアラブル分野のトレンド
-Garminデバイス+エコシステムを活用した国内事例(複数分野)
-最新のグローバル事例
・Garminデータ、ユーザーの示す近年のトレンド
・Garmin Healthについて
お申込み・詳細: https://reed-speaker.jp/Seminar/2022/inwtokyo/top/?id=WEA
※受講無料/事前申込制となります

※本セミナーのオンライン配信はございません。会場にてご参加ください。

<Jörn Watzke(ヨルン・ウァツカ)>
Garmin Health シニアグローバルダイレクター
2014年4月よりGarmin Healthグローバルビジネスデベロップメントを率いる。
また、消費者家電の分野で25年間の経験がある。IT分野で修士号を取得した後、11年間Siemensで様々な事業を牽引。事業開発とエンジニアリングのバックグランドに加え、プロダクト戦略と価値の創造を強みとする。


Garmin Health ヨルン・ウァツカ

展示会詳細や特別講演の申込みについては、「第8回 ウェアラブルEXPO」公式サイトをご確認ください。
https://www.wearable-expo.jp/ja-jp.html




【プレスリリース一覧】