Edge® 130 本体のみ

Edge® 130 本体のみ

商品番号 010-01913-21

Edge® 130 本体のみ Edge® 130 本体のみ Edge® 130 本体のみ Edge® 130 本体のみ

サイクリストが求める基本機能をおさえた高機能エントリーモデル

  • 直射日光下や夜間でも高い視認性を誇る1.8インチMIPモノクロディスプレイを新採用
  • 素早く、正確なGPS捕捉を実現するGPS・みちびき(補完信号)・GLONASS・Galileoの4衛星測位システム
  • アグレッシブなライドをサポートする転換点案内対応のコースナビ、STRAVAライブセグメント対応のセグメント機能
  • パワーメーターVector™シリーズ、Varia™ RTL510リアビューレーダー、Varia™UT800に対応
  • 通知機能、データ自動アップロード、Live Track、天気情報などのスマート機能1 対応
  • 上位モデルに迫る最大約13時間2の稼働時間

軽量コンパクト設計ながら、スピード、ケイデンス、心拍、パワーなどサイクリストが求める基本計測機能が充実。計測された情報は、新採用となるMIPモノクロディスプレイにより、直射日光下や夜間でも確実に確認できます。通知機能をはじめとするスマート機能も搭載し、ベーシックモデルながらガーミンならではの高機能を実現しています。

パワフルかつコンパクト

コンパクトかつ基本機能をおさえたEdge®130は、ライディングシーンを問わず、すべてのサイクリストにとってパーフェクトなパートナー。新採用1.8インチMIPモノクロディスプレイは、直射日光下や夜間でも驚きの見やすさを実現。もうスマートフォンの画面を、目を細めながら見る必要はありません。
データ項目は1ページに最大8項目を表示でき、欲しい情報を逃さずチェック。約13時間稼働のバッテリーで、ロングライド時も安心して使用できます。

 

コースナビ機能

GPSを利用した位置測位で、Garmin Connect から転送したコースをナビゲーションする、コースナビ機能を搭載しています。転換点案内にも対応しており、複雑なコースにおける曲がり角も、しっかりと教えてくれます。

 

 

Varia™ ライトネットワーク対応

Varia™ RTL510リアビューレーダー、UT800スマートヘッドライトに対応。Edge®130をハブユニットとして、各ライトをコントロールし、セーフティライドをサポートします。

ライダーのパフォーマンスを向上させるトレーニング機能

VO2Max(最大酸素摂取量)計測機能や、トレーニング後のリカバリーに必要な参考時間を示すリカバリアドバイザー、セグメント機能(STRAVAライブセグメント)を搭載。パフォーマンスを可視化し、ライダーのモチベーションを引き出します。

 

スマート機能

電話やSMSの着信を教えてくれる通知機能、ライドデータを自動でGarmin Connectへアップロードする自動アップロード機能、走行情報をシェアできるLive Track、多彩なデータでデータ項目画面のカスタマイズが可能なConnect IQ™ データフィールドのスマート機能1に対応。スマートフォンと連携して快適なライド環境をサポートする先進機能です。

1 Bluetooth携帯対応状況
2 稼働時間は使用状況によって異なる場合があります

本体仕様

本体サイズ 41 x 63 x 16 mm
重量 33 g
防水性能 IPX7
電池 充電式リチウムイオン
ディスプレイ 27 x 36 mm(対角 45mm)
解像度 303 x 230 ピクセル
バッテリー寿命 最大 13 時間
高感度GPS (GPS/みちびき(補完信号)/GLONASS/Galileo)

地図&メモリー

ウェイポイント/お気に入り/位置 100
ルート 15 コース
履歴 最大100時間分

内蔵センサー

GPS  
GLONASS  
みちびき(補完信号)  
Galileo  
気圧高度計  
加速度計  

デイリースマート機能

通知機能  

トレーニング、計画、分析機能

トレーニングページのカスタマイズ  
自動ポーズ  
自動ラップ  
V02 Max  
バーチャルパートナー (コースナビ中のみ)
自動スクロール  

トレーニング機能

リカバリアドバイザー  
セグメント  
STRAVAライブセグメント  
コース  
時間/距離アラート(目標に到達するとアラームが作動)  
Vector™ (パワーメーター) 対応 (サイクルリングダイナミクス、TSS及びFTP計測を除く)
パワーメーター対応
(互換サードパーティ製 ANT+™対応パワーメーターのパワーデータ表示)
 

Garmin Connect™

Garmin Connect™(データを分析、分類、および共有できるオンラインコミュニティ)  
自動同期(データをGarmin Connectへ自動的に転送)  

その他

その他
  • 無線インターフェース:ANT+、Bluetooth® BLE
  • 衛星予測: 〇
  • 標高: 〇
  • アラート音: 〇
  • Varia™ 対応: 〇
  • Garmin Connect Mobileからの基本設定に対応:〇
  • スマート機能: 通知、LiveTrack、天気情報、Connect IQ™データフィールド、援助要請
    ※Garmin Connect Mobileとペアリングが必要

Edge 130 本体のみ

  • Edge 130 本体
  • ハンドルステムマウント
  • ストラップ
  • micro USBケーブル
  • クイックスタートマニュアル
更新とダウンロード
ソフトウェアの無料アップロードが可能です。
警告
本ソフトウェアはこれが適用されるGPS製品にのみアップロードできます。その他の機器にアップロードした場合、使用できなくなる恐れがあります。本ソフトウェアのアップロードに失敗し、その後再アップロードをしても成功しない場合、GPS機器をガーミンアフターサービス部門にお送りいただき検査を受ける必要があります。
ソフトウェアライセンスに関して
本ソフトウェアをダウンロード、インストールするには必ず、下記のソフトウェアライセンス規約をお読み頂き、同意して頂く必要があります。本ソフトウェアをダウンロードまたはインストールした場合、これに同意したものとします。

ガーミン・コーポレーション(以下「ガーミン」)は当社製品を正常に使用されるにあたり、お客様が本アップグレード・ソフトウェア・プログラム(以下「本ソフトウェア」)を、一定の制限の下、かつ独占しないという条件の下で使用することに同意します。本ソフトウェアのタイトル、所有権及び知的財産権は依然としてガーミンが所有し、ガーミンはお客様が個人的に本プログラムを使用することにのみ許可します。お客様は本プログラムをコピーして使用できますが、個人的な使用に限られます。本契約にご署名いただいていなくてもご同意いただいているとみなし、依然として効力を発するものであります。

本プログラムはソフトウェアのアップグレードでのみ提供されます。その他の如何なる保障或いはお客様が必要とされる機能に合致するものではありません。

本ソフトウェアの知的財産権はガーミンに帰属し、かつ米国著作権法及び国際ライセンス協定により保護されています。本ソフトウェアの構成、組織、ソースコードはガーミンの価値ある営業秘密であり、お客様には本プログラムに対して編集、修正、分解、削除その他ソースコードを探る行為をしないことにご同意いただきます。

お客様には米国輸出管理規制に反して、本プログラムをその他の国家に輸出しないことにご同意いただきます。

2018/10/01

Edge130更新履歴

Downloadダウンロード(Garmin Express)

Edge130更新履歴

v 3.00(2018/10/01)

  1. 詳細なバックライト設定のサポート
  2. マップの自動ズームが特定条件で作動しない問題の修正
  3. CIQ 3.0のサポートとCIQ問題に関する様々な修正
  4. GPSがバージョンが0.00になってしまう問題の修正
  5. Garmin ConnectとGarmin Connect Mobileからのコースダウンロードのサポート
  6. 拡張ディスプレイのデータ項目表示の修正
  7. アクティビティ開始/終了時にVIRBへ録画開始/終了コマンドを送る機能のサポート
  8. 天気ウィジェットで1時間毎の天気を表示する際にシャットダウンしてしまう問題の修正
  9. コース開始ポイント接近時に通知のサポート

v 2.40(2018/08/9)

  1. 拡張ディスプレイモードのサポート
    設定>リモート表示からマルチスポーツ対応Garminウォッチのトライアスロン等のアクティビティデータ項目をEdge上に拡張ディスプレイとして表示することが出来ます
    GarminウォッチからはEdgeをディスプレイとしてセンサー検索してください
  2. Physio TrueUpのサポート
  3. CIQデータ項目問題の修正
  4. ファイルダウンロードスピードの改善
  5. CIQによりデバイス再起動が引き起こされる問題の修正
  6. UIの修正
  7. 安定性の向上

v 2.30(2018/06/26)

  1. 電源オフの状態でバッテリーが消耗してしまう問題の修正

v 2.20(2018/06/14)

  1. 高度グラフがフリーズしてしまう問題の修正とパフォーマンスの向上
  2. スピード/ケイデンスセンサー接続表示問題の修正
  3. CIQ 2.4.5のサポート
  4. バッテリー充電ステータス表示を追加
  5. UIの修正

back to top


読み込み中

読み込み中