ForeAthlete® 935

ForeAthlete® 935

商品番号 010-01746-14

ForeAthlete® 935 ForeAthlete® 935 ForeAthlete® 935

光学式心拍計1を備えたプレミアムGPSランニング/トライアスロンウォッチ

  • 重量49 g の軽量で着け心地の良いデバイスにランニング、マルチスポーツ機能を搭載。
  • 高精度な気圧高度計と電子コンパスを内蔵。
  • トレーニングの過不足を評価するトレーニングステータス機能に加え、パフォーマンスモニタリング機能も搭載。
  • 接地時間バランス、ストライド幅、上下動比など走行中のランニングフォームを解析するランニングダイナミクス2
  • バッテリー寿命はウォッチモードで最大2週間、GPSモードで最大21時間、UltraTrac™モードで最大44時間。

ForeAthlete® 935でランニングダイナミクスや光学式心拍計、トレーニングステータス、VO2 max値などの細かいデータ取得が可能。アスリートとして進歩したいあなたのトレーニングとリカバリー調整に役立ちます。

トレーニング以外でも使用可能なデザイン

ForeAthlete 935 は軽量かつ快適なデザインで一日中着用できます。また工具不要な自分で簡単に交換できる当社のQuickFit™バンドにも対応。スポーティなシリコンバンドからクラシックなレザーバンド、ハイエンドなメタルバンドなどシーンに合わせてベルトをお選びいただけます。

 

パフォーマンス、トレーニング、リカバリーをチェック

次のレースやトレーニングに備えて十分な準備ができるよう、あなたのトレーニングやリカバリーを把握します。
トレーニングステータスは、最近の運動履歴やパフォーマンスレベルを自動的に評価する新しいパフォーマンスツール。今のトレーニングの効果や、トレーニングのピークに達しているか、あるいは過剰ではないかなどをチェックしお知らせします。また、重要な酸素トレーニングは現在どの程度向上しているかなどの効果を確認できます。さらに全体的なトレーニング負荷の確認もでき、過去7日間の運動量を測定して健康状態やトレーニング状態が最適な範囲かが確認出来ます。

 

テクニックを分析

ForeAthlete 935はパフォーマンスの分析に活用できる重要なランニングデータ2を測定します。
ピッチ、歩幅、接地時間とバランス、上下動や上下動比といった測定データは、自分のフォームを把握してレースに最大限の能力を発揮するためには不可欠です。これらの計測データは、互換性のある心拍ベルト、またはウェストバンドに取り付けるコンパクトなRunning Dynamics Podが利用できます。
また、サイクリングやスイムトレーニングでもこれらの機能を活用できるので、水中で距離、ペース、ストローク数などの測定を可能します

 

長時間稼働

アイアンマントライアスロンやウルトラマラソンにも十分に対応可能なバッテリーで、トレーニングの距離をさらに伸ばせます。 ForeAthlete 935のバッテリー稼働時間はGPSモードで最大21時間、UltraTracモードで最大50時間。日常のスマートウォッチとして使用する場合には1回の充電で最大2週間使用できます。

 

ラン、スイム、バイク、トライアスロン

ForeAthlete 935 はラン(屋内/屋外)、サイクリング(屋内/屋外)、スイム(プール/オープンウオーター)、クロスカントリースキー、パドルスポーツ、トレイルランニング、ハイキング、筋肉トレーニングなど複数のアクティビティプロファイルを搭載しています。
ブリックトレーニングやデュアスロン、トライアスロンなどのマルチスポーツ機能は、ボタンを1回押すだけでスポーツの切り替え可能。ランやサイクリングだけでなくプールスイム時のワークアウトにも対応しています。
無料フィットネスコミュニティGarmin Connect™にダウンロードして自分だけのワークアウトデータを作成できます。アプリで過去のトレーニングをチェックしたり家族や友人と共有したりすれば、モチベーションがさらに高まります。

 

スマートフォンとの接続

ForeAthlete 935と互換性のあるスマートフォン3をペアリングすると、Garmin Connectへの自動アップロード、通知表示機能、オーディオアラート、ミュージックコントロールなどさまざまな機能が利用できます。 LiveTrackやGroupTrackを使えば家族や友人があなたのランやライドをリアルタイムでフォロー。仲間のライドを常にチェックすることもできます。クラウドにデータをアップしたり、クラウドからデータを取得するためのWi-Fi®接続も可能です。

 

心拍ベルトをサポート

内蔵の光学式心拍計は手軽に心拍数を計測する事ができます。さらに互換性のある心拍ベルトを使用する事で乳酸閾値やストレススコアなどより多くのデータを取得する事が出来ます。

 

精度の向上

ForeAthlete 935はGPS/GLONASS/みちびきに対応しているので、環境が厳しい場所でも正確な位置を捕捉する事が可能です。また内蔵の気圧計が高度情報をリアルタイムで表示する事ができため、トライアスロンのみならずハイキング、ボート、ゴルフ、スキー、SUPなどのアクティビティにも対応しています

 

ConnectIQ

ForeAthlete 935は当社の無料のオンラインフィットネスコミュニティGarmin Connectに自動同期され、そこで自分のトレーニング状況を確認したりソーシャルメディアで共有したりすることができます。PCからGarmin Connectにログオン、または、互換性のあるスマートフォンにGarmin Connect™モバイルアプリをダウンロードします。
データ項目やウォッチフェイス、ウィジェットなどはConnect IQ™を使用する事で自由にカスタマイズ可能です。

 

追加機能

ForeAthlete 935は、歩数、消費カロリー、睡眠状況などアクティビティトラッキング1機能を搭載しています。さらに、リアビューレーダーやVaria Vision™インサイトディスプレイとの互換性も備え、ペダルベースのパワー計Vector™ 2や2Sとも接続可能です。
Vector 2はANT+センサーで接続し、パワー数値、ケイデンス、左右バランス、サイクリングダイナミクスなど、詳しい情報を表示します。

 

毎日がレース体験

Stravaライブセグメントがあれば昨日の自分と勝負する事が出来ます。Strava Premiumのメンバーは、アクティビティの最中にランやサイクリングのセグメントを同期し、リアルタイムなレースを行えます。さらにスタートやフィニッシュセグメントのアラート、スコアボードのランキング、自分のPRと比較した現在のアクティビティのレベルなども確認できます。

 

TrainingPeaksを使ったパフォーマンスの向上

TrainingPeaks Connect IQアプリを使うと、日々のワークアウトをForeAthlete 935から直接実行できます。デバイスがリアルタイムでガイドし、TrainingPeaksの強度目標やインターバルに沿ってワークアウトを完了します。セッション後はワークアウトがTrainingPeaksに同期されてパフォーマンスの詳細な分析が行われ、目標に向けた進み具合を測定できます。

1 ライフログの精度につきまして
2 ランニングダイナミクスポッドまたはHRM-Run™/HRM-Tri™モニター使用時
3 Bluetooth携帯対応状況

Wi-Fi®はWi-Fi Allianceの登録商標です。

仕様および性能

レンズ素材 ガラス
ベゼル素材 繊維強化ポリマー
ケース素材 繊維強化ポリマー
QuickFit™ウォッチバンド 対応可能(22mm)
ストラップ素材 シリコン
サイズ 47 x 47 x 13.9 mm
重量 49 g
防水等級 5 ATM
バッテリー 充電式リチウム電池
ディスプレイタイプ 太陽光の下でも見やすい、半透過メモリインピクセル(MIP)
ディスプレイ 直径1.2インチ(30.4 mm)
解像度 240 x 240 ピクセル
カラー表示  
稼働時間 Smartモード:最大2週間
GPS/HRモード:最大21時間
UltraTrac™モード:最大44時間
内蔵メモリ/履歴 64 MB

時計機能

時間/日付  
GPS時間同期  
自動サマータイム設定  
アラーム  
タイマー  
ストップウォッチ  
日の出/日没時刻  

センサー

GPS  
GLONASS  
みちびき  
Garmin Elevate™光学式心拍計  
気圧高度計  
コンパス  
ジャイロスコープ  
加速度計  
温度計  

デイリースマート機能

接続機能 Bluetooth® Smart, ANT+®, Wi-Fi®
Connect IQ™(ダウンロード可能なウォッチフェイス、データフィールド、ウィジェット、アプリ)  
通知機能  
カレンダー  
天気情報  
ミュージックコントロール  
Face It™ウォッチフェイスクリエイター  
探索(ペアリング中のスマートフォンの場所を検索)  
VIRB操作  
スマートフォン互換性 iPhone®, Android™, Windows®
Garmin Connect™ Mobile  
Find My Watch機能  

ライフログ機能

ステップカウンター  
ムーブバー(一定期間動かないとデバイスに表示)  
自動目標設定(アクティビティレベルを学習して、ステップ目標を毎日設定)  
スリープモニタリング(合計睡眠時間、睡眠中の動きを監視)  
消費カロリーを計算  
上昇階数  
移動距離  
週間運動量  
TrueUp™  
Move IQ™  

トレーニング、計画、分析機能

アクティビティ履歴  
カスタマイズできるアクティビティプロフィール  
カスタマイズできるアラート  
オーディオアラート  
自動マルチスポーツ  
コースガイド  
高度なワークアウト  
自動ラップ  
自動ポーズ  
自動スクロール  
カスタマイズできるデータページ  
マニュアルマルチスポーツアクティビティ  
パーチャルパートナー  
到着予想時間  
グループLiveTrack  
フィットネス年齢 あり(アプリ内)
ショートカット  
設定可能なラップアラート  
LiveTrack  
タッチ/ボタンロック  
マニュアルラップ  
自己ベスト(ラン、サイクリング、スイム)  
セグメント(ライプ、Garmin)  
GPS速度と距離  
トレーニング効果(有酸素)  
トレーニング効果(無酸素)  
トレーニング負荷 (予測EPOCから算出された過去7日間の合計トレーニング負荷)  
ダウンロードできるトレーニングプラン  
トレーニング ステータス(トレーニング履歴とフィットネスレベルのトレンドを追跡することでトレーニングの有効性をみる)  
VO2Max  
バイブレーションアラート  
パーチャルパートナー  

心拍計機能

心拍ゾーン  
HRアラート  
HRカロリー  
心拍%Max  
% HRR  
リカバリータイム  
自動最大HR  
HRVストレステスト(静止状態での心拍数の変化を3分間測定して予測されるストレスレベルを表示。測定範囲は1~100で数値が低いほどストレスレベルは低い) あり(要互換アクセサリ)
HRストラップ互換性 あり(ANT+®とBluetooth® Smartセンサー)
スイム中の心拍数を記録 あり(HRM-Tri™またはHRM-Swim™)
心拍データ転送モード(ペアリングしたデバイスにANT+™を介してHRデータを送信)  

ランニング機能

ランプロフィール(プリロード) ラン、屋内ラン、トレイルランニング
GPSベースの距離、時間、ペース  
ランニングダイナミクス  
身体が上下に何cm揺れているかと上下動と上下動比(歩幅に対する上下動幅の比率(%)) あり(要互換アクセサリ)
接地時間とバランス(ラン中に足が地面についている時間を示し、左右の対称を確認できる) あり(要互換アクセサリ)
歩幅(リアルタイム) あり(要互換アクセサリ)
ピッチ(リアルタイムの1分あたりの歩数)  
トレーニングレベル  
パフォーマンスコンディション(6~20分のラン後、リアルタイムのコンディションと平均フィットネスレベルを比較)  
乳酸閾値 (ペースと心拍数に基づき筋肉が急速に疲労しはじめるポイントを予測) あり(要互換アクセサリ)
ランワークアウト  
レース予想タイム  
フットポッド  

アウトドアレクリエーション機能

アウトドアレクリエーションプロフィール(プリロード) ハイキング、クライミング、スキー、スノーボード、XCスキー、スタンドアップパドルボート、ボート、屋内ボート、ジャンプマスター、タクティカル
2地点間ナビゲーション  
Bread crumb Track(ブレッドクラム・トラック)  
スタート地点  
トラックバック  
ウルトラトラックモード あり
高度プロフィール  
目的地までの距離  
気圧トレンド表示  
ストームアラート  
トレイルランオートクライム  
昇降速度  
上昇/下降合計  
BaseCamp™  
GPS座標  
目標のウェイポイント  
サイトナビ  
面積計算 あり(Connect IQ™を使用)
狩猟と釣り あり(Connect IQ™を使用)
太陽と月 あり(Connect IQ™を使用)
二重グリッド座標  

サイクリング機能

サイクリングプロフィール(プリロード) バイク、屋内バイク、マウンテンバイク
コース(過去のアクティビティと競争)  
バイクラップとラップ最大パワー(パワーセンサー付き)  
レース  
時間/距離アラート(ゴールに達するとアラームが鳴る)  
インターバルトレーニング  
FTP(機能的体力閾値) あり(要互換アクセサリ)
Strava機能(Beacon、ライブセグメント)  
Vector™との互換性(パワー計)  
パワーメータ互換性(互換性のあるサードパーティのANT+™対応パワーメータからパワーデータを表示)  
Varia Vision™(ヘッドマウントディスプレイ)との互換性  
Varia™レーダー(リアレーダー)との互換性  
Varia™ライトとの互換性  
スピードケイデンスセンサー (ANT+®とBluetooth® Smartセンサー)

スイム機能

スイムプロフィール(プリロード) プールスイム、オープンウォータースイム
プールスイム指標(時間、距離、ペース、ストロークカウント/レート、カロリー)  
泳法の識別(自由形, 背泳ぎ, 平泳ぎ, バタフライ)  
プールラップ認識  
プールスイムワークアウト  
スイム効率(SWOLF)  
自動インターバル  
スイム上級機能(時間/距離アラート、個人記録、カウントダウンスタート、高度レストタイマー)  
オープンウォータースイム計測(距離、ペース、ストローク数/率、カロリー)  
心拍数(休憩、インターバル、休憩中のセッション開始時など。スイム後に自動ダウンロード) あり(HRM-Tri™とHRM-Swim™を使用)

ゴルフ機能

F/M/Bまでのヤード数(グリーン前、中、後までの距離)  
レイアップ/ドッグレッグまでのヤード数  
ショット距離を測定(コースの任意の場所からのショットのヤード数を正確に計算)  
デジタルスコアカード  
追跡開始(ストローク、ラウンド毎のパット数、グリーンとフェアウェイのヒット、平均距離)  
場所の保存(今後の利用のためにスポットをマーク)  
Garmin AutoShot™  
マニュアルピンポジションのグリーンビュー  
危険およびコースターゲット  
TruSwing™互換性  
ラウンドタイマー/走行距離計  
  • ForeAthlete 935 本体
  • ランニングダイナミクスポッド
  • チャージングケーブル
  • クイックスタートマニュアル
更新とダウンロード
ソフトウェアの無料アップロードが可能です。
警告
本ソフトウェアはこれが適用されるGPS製品にのみアップロードできます。その他の機器にアップロードした場合、使用できなくなる恐れがあります。本ソフトウェアのアップロードに失敗し、その後再アップロードをしても成功しない場合、GPS機器をガーミンアフターサービス部門にお送りいただき検査を受ける必要があります。
ソフトウェアライセンスに関して
本ソフトウェアをダウンロード、インストールするには必ず、下記のソフトウェアライセンス規約をお読み頂き、同意して頂く必要があります。本ソフトウェアをダウンロードまたはインストールした場合、これに同意したものとします。

ガーミン・コーポレーション(以下「ガーミン」)は当社製品を正常に使用されるにあたり、お客様が本アップグレード・ソフトウェア・プログラム(以下「本ソフトウェア」)を、一定の制限の下、かつ独占しないという条件の下で使用することに同意します。本ソフトウェアのタイトル、所有権及び知的財産権は依然としてガーミンが所有し、ガーミンはお客様が個人的に本プログラムを使用することにのみ許可します。お客様は本プログラムをコピーして使用できますが、個人的な使用に限られます。本契約にご署名いただいていなくてもご同意いただいているとみなし、依然として効力を発するものであります。

本プログラムはソフトウェアのアップグレードでのみ提供されます。その他の如何なる保障或いはお客様が必要とされる機能に合致するものではありません。

本ソフトウェアの知的財産権はガーミンに帰属し、かつ米国著作権法及び国際ライセンス協定により保護されています。本ソフトウェアの構成、組織、ソースコードはガーミンの価値ある営業秘密であり、お客様には本プログラムに対して編集、修正、分解、削除その他ソースコードを探る行為をしないことにご同意いただきます。

お客様には米国輸出管理規制に反して、本プログラムをその他の国家に輸出しないことにご同意いただきます。

2018/03/16

ForeAthlete 935 更新内容

Downloadダウンロード(Garmin Express)

ForeAthlete 935 更新内容

v 9.80(2018/10/09)

  • RDポッド接続時にフリースする問題を修正

v 8.00(2018/03/16)

  1. 日出&日没をウィジェットのオプションに追加
  2. Alt. タイムゾーンをウィジェットのオプションに追加
  3. パワー計使用時に校正確認を追加(メニュー>設定>センサー>パワー>ペアリング後>校正確認)
  4. Huawei製スマートフォンとのBluetooth接続の改善
  5. 安静時心拍計測の正確性を向上
  6. Jumpマスターの高度が正しくない問題を修正
  7. ジェスチャーの動作でフラッシュライトが無効になる問題を修正
  8. コントロールメニューからアクセスした場合の心拍転送モードの問題を修正
  9. コントロールメニューとショートカットに心拍転送モードを追加
  10. Varia Visionに予想総距離項目の表示を追加
  11. デバイスとGarmin Connect間のユーザー設定と統計の同期を改善
  12. 1日のストレスの精度を改善
  13. 通知の長文メッセージのレイアウトを改善
  14. 筋トレアクティビティ実行時のウェイト入力画面初期値が前回のセットで入力した数値に設定されるように改善
  15. パフォーマンスウィジェットのVO2Maxのゲージの正確性向上
  16. プールスイムのラップデータがずれる問題を修正
  17. バイク実行中に繰り返しタイヤサイズ検知の通知が表示される問題を修正
  18. 特定の設定をするとウォッチフェイスに特定の文字が表示されたままになる問題を修正
  19. コースナビゲーション中に高度ページを開いている場合、高度グラフが更新されない問題を修正
  20. 心拍グラフが断続的に更新されない問題を修正
  21. BPMの値が手入力された値と同じ場合にパフォーマンスウィジェットの乳酸閾値ページが表示されない問題を修正
  22. Jumpマスターアクティビティの角度の入力値が任意の値に設定できない問題を修正
  23. アクティビティのデータ項目ページに高度のようなチャートを追加した場合にスクロールバーが表示されなくなる問題を修正
  24. ギアバッテリーの値がVaria Visionに表示されない問題を修正
  25. 乳酸閾値のテスト中にラップが記録されない問題を修正
  26. MOBページがタイムアウトする問題を修正

v 7.10(2018/01/25)

  1. デバイスで保存したポイントを使用してコース作成ができない問題の修正
  2. Connect IQのウォッチフェイスがデバイス上で読み込めない問題を修正
  3. Connect IQ SDK 2.4のサポート
  4. 新しいアクティビティの追加(Xトレーナー、ステッパー、フロアクライム、ヨガ)
  5. ナビゲーションのアラート設定に「オフコース」を追加 (設定>ナビゲーション>アラート>オフコース)
  6. 時間のアラート設定に「1時間毎」を追加 (設定>システム>時間>アラート>1時間毎)
  7. アラームをコントロールメニューとショートカットに追加 (設定>コントロール>新規追加)(設定>ショートカット)
  8. 心拍計のデータをトレーニングステータスとトレーニング負荷の計測に反映するように改善
  9. 特定の言語で座標編集時に問題が起きる不具合の修正
  10. オートショット計測とショット計測の問題の修正
  11. 「1時間毎」アラートが正しく作動しない問題の修正
  12. 屋内アクティビティ中にコントロールメニューの「GPSで時刻設定」が選択出来てしまう問題の修正
  13. スマートフォンとの再接続後にアクティビティがアップロードできない問題の修正
  14. DogTrackウィジェットで犬の名前が表示されない問題の修正
  15. 特定のウィジェットで接続エラー画面が正しく表示されない問題の修正
  16. ステップ数が筋トレアクティビティ中に表示されてしまう問題の修正
  17. ストレスデータがアクティビティ実行中に計測される問題の修正
  18. Basecampからインポートしたポイントの名称が正しく表示されない問題の修正
  19. 特定の言語で通知が見切れる問題の修正
  20. 長時間のスイムランアクティビティでファイルが破損してしまう問題の修正
  21. ガーミンコネクトモバイル経由のアクティビティ自動アップロードの信頼性向上
  22. ランニングダイナミクスポッドのアラート設定の追加(ラン設定>RDポッドアラート ※RDポッド接続時のみ表示)
  23. ガーミンエクスプレス経由でゴルフのスコアカードをアップロードできない問題の修正
  24. ランニングダイナミクスポッドを接続してアクティビティを実行するとデバイスがクラッシュする問題の修正
  25. ランニングダイナミクスポッドを接続してアクティビティ開始後、ウォッチフェイス画面に戻ってしまう問題の修正

v 6.00(2017/11/10)

  1. Garmin ConnectとGarmin Connect Mobile上で作成することが可能な筋トレとカーディオワークアウトの回数カウントのサポート
    カウントを有効にするには、設定>アクティビティ&アプリ>筋トレ>回数カウントが有効になっていることを確認してください。
    タイマーを開始するとセット中に自動で回数がカウントされます。 ラップキーでセット間の休憩に入ります。休憩中にセットの回数カウントと追加kgが編集できます。ラップキーを押すと次のセットに進みます。
  2. 終日ストレスのサポート
    ストレスウィジェットを表示するには、任意のウィジェットでUpキーを押しながらウィジェット追加> ストレスを選択
    現在のストレス測定値をウィジェットページで確認できます。スタートキーで過去4時間のストレス表示、Downキーでリラックスタイマーの表示
  3. デバイスにWi-Fiネットワークの設定項目を追加
  4. 気圧計の校正のサポート(設定>センサー>気圧>校正)
  5. 1時間毎アラートのサポート(設定>システム>時間>アラート>1時間毎)
  6. Connect IQアプリケーションを使用中のデバイスのキー処理の改善
  7. 視認性とコントラストを向上させるために、コースのナビゲーションアイコンの改善
  8. Varia UT800スマートヘッドライトを使用中に切断または電源が切れる問題の修正
  9. Connect IQ Appsを使用中にRunning Dynamics Podが切断される問題の修正
  10. 自己ベストが不正確に報告される可能性のある問題を修正
  11. 自動クライム設定の条件を満たした場合であっても設定ページへ移行しない問題の修正
  12. 日の出と日の入りのアラートが動作しない可能性を修正
  13. マルチスポーツアクティビティのシングルアクティビティの高度プロットが、アクティビティ全体の高度履歴を表示する問題の修正
  14. アクティビティ中にLapキーを無効にするサポートの追加
  15. マルチスポーツアクティビティファイルが破損する問題の修正
  16. 時間表示を変更した後に、日時ページが正しく更新されない問題の修正

v 5.50(2017/10/19)

  • ※本ソフトウェアバージョンにて、日本版製品での修正内容はございません。

v 5.40(2017/09/08)

  1. トレッドミル校正のサポートを追加
    最初にトレッドミルランニングのアクティビティ保存時、トレッドミルが記録した距離を入力する画面が表示され、次回のアクティビティ実行時に距離の正確性を向上させる。校正は保存時ならいつでも可能。トレッドミルアクティビティ終了時、タイマー停止後、「校正&保存」を選択し、トレッドミルが記録した距離を入力する。正確性向上の為、このオプションは1mile及び1.5km以上のアクティビティを実行した場合に表示されます。
  2. Connect IQ 2.3.2 SDKのサポート
  3. ゴルフハザードとコースターゲットの距離閲覧のサポート
  4. 再起動中の持続的な心拍数データ計測のサポート
  5. Varia Vision上での通知機能閲覧のサポート
  6. コントロールメニュー項目10個以上設定のサポート
  7. コントロールメニューを通しての高度、気圧、コンパスウィジェットのサポート
  8. コントロールメニューでデバイスのバックライト調整のサポート
  9. “フラッシュライト”機能のサポート。デバイスのショートカットキーかコントロールメニューを通してのアクセス対応
  10. 短いコースをナビゲーション中に空の黒バナーが表示される問題の修正
  11. コースナビゲーション中のバーチャルパートナーページがアクティビティトレーニングページに誤って追加されてしまう問題の修正
  12. 特定のアクティビティの結果ページで過剰な高度が表示されていた問題の修正
  13. 特定のアクティビティを保存しようとすると非常に長い合計経過時間を表示してしまう問題の修正
  14. サイレントモード中にバックライトの“ジェスチャー”設定が正しく動作しない問題の修正
  15. 手首心拍計を使用しているときに、心拍数ゲージがワークアウト中に正しく機能しない問題の修正
  16. ドリル記録を無効にしたラップスイミングのワークアウト中にラップキーを使用しているときに、デバイスがボタン押下に応答しない問題の修正
  17. アクティビティ実行外中にバックライトの設定が“常時”に設定されていてもオフになってしまう問題の修正
  18. Basecampで作成されたルートの高度情報がデバイスに転送された後に欠落している問題の修正
  19. シマノDi2シフターを設定しているときに、コグ値を45以上に設定できない問題の修正
  20. 一部のHRM-Runデバイスのソフトウェアアップデートをインストールできない問題の修正
  21. 屋内アクティビティからコピーされた新しいアクティビティのGPSモード設定がオンになってしまう問題の修正
  22. ワークアウト中のケイデンスゲージが正しく機能しない問題の修正

v 4.10(2017/08/28)

  1. Connect IQ 2.3.1 SDKのサポート
  2. デフォルトのアラームラベルのサポート(メニュー>時計>アラーム>アラームを選択>ラベル)
  3. 新しいVIRBリモートコマンドのサポート
  4. コンテキストメニューからウィジェットを追加する機能のサポート (ウィジェットまでスクロール>メニューキー)
  5. ConnectIQデータ項目がFITファイルに情報を記録できないという問題の修正
  6. 省電力モードで白い背景を使用すると、デバイスの画面がちらつく問題の修正
  7. 「ラップ上昇量」と「ラップ降下量」項目がラップアラートページに有効なデータを表示しない問題の修正
  8. 屋内アクティビティ情報がストロークデータではなく、距離を表示していた問題の修正
  9. マルチスポーツプロフィールのアクティビティ情報が最終レッグのデータのみを表示する問題の修正
  10. Varia Visionの設定がデバイスに表示されているものと一致しない問題の修正
  11. 複数の通知を削除するときにデバイスがフリーズする問題の修正
  12. 過去のトレーニング負荷値がGarmin Connectに表示されている値と一致しない問題の修正
  13. 接続されたVIRBで利用可能な設定を正確に反映するようにVIRBウィジェットの改善(モデルによって異なります)
  14. 製品の信頼性を向上させる全体的な改修
  15. ワークアウトタイマーページで現在の心拍インジケーターが表示されない問題の修正
  16. カレンダーイベントの内容が欠落していた問題の修正
  17. HRデータのダウンロードが中止された場合、アクティビティファイルをGCにアップロード出来ない問題の修正

v 3.30(2016/06/16)

  • ナビゲーション中に地図上に初期値で表示される「経由地所要距離」を非表示にするサポートを追加
    (設定>ナビゲーション>データスクリーン>地図>データ項目
  • Varia Visionにナビゲーションデータページを追加
  • ソフトの自動更新管理を追加(設定>システム>ソフトウェア更新>自動更新)
  • 自動更新「オフ」にするとGarmin Connect MobileとWi-Fiでのソフト更新が無効になります。
  • 対応するウィジェットの設定メニューから気圧と高度計、気温の単位設定の管理を追加
  • グループトラックのサポートを追加
  • ボントレガーバイクライトのサポートを追加
  • プールスイムにカウントダウン表示を追加
  • コースがデバイスのコースポイントの上限を超えた場合のメッセージを追加
  • トレーニングステータスページとパフォーマンスウィジェットの使い方を追加
  • ゴルフアクティビティのFITファイル記録を追加

back to top


読み込み中

読み込み中