ナビゲーションリンクをスキップ
Panoptix LiveScope LVS12 Transducer

Panoptix LiveScope LVS12 Transducer

商品番号 010-02143-00

ONLINE STORE

Panoptix LiveScope LVS12 Transducer

解釈が簡単なライブスキャンソナーの経済的な選択肢

  • 前方30度および下方30度のリアルタイムスキャンソナービューを提供
  • 前方ビューには、構造物と魚がボートから最大200フィート離れてリアルタイムで泳いでいる様子が表示されます。 下向きのビューは、構造物と魚がボートの下の最大200フィートまでリアルタイムで泳いでいるのを示しています
  • 1つのトランスデューサーに含まれる前方ビューと下方ビューの両方で、トランスデューサーの手動調整は不要
  • ブラックボックスを必要としないので、設置が簡単
  • 悪天候下でも安定した視界を確保するためのAHRSを搭載

At a Glance

12ピンPanoptix LiveScope LVS12振動子は、ブラックボックスシステムを必要とせずにGPSMAP®8400xsvシリーズチャートプロッタ/ソナーコンボにリアルタイムスキャニングソナーを追加するための安価なオプションを提供します。トランスデューサーはトローリングモーターとトランサムマウントを含みます。

視界を簡単に切り替える

簡単なメニュー方式のビュー変更により、手動でトランスデューサの向きを調整する必要なく、前方フォワードビューから下方ダウンビューに切り替えることができます。ディスプレイに両方のビューを並べて表示することもできます。前方フォワードビューでは、ボートから最大60m離れた場所で、30度のPanoptix LiveScopeでストラクチャーおよび魚の泳ぎをリアルタイムで表示できます。画面に表示されている魚を狙い撃ちに使用します。下方ダウンビューは、ボートの下60mまでの深さまで、ストラクチャーと魚の泳ぎを30度のPanoptix LiveScopeで表示します。ワカサギなどの垂直釣りやジギングに使用します。LVS12トランスデューサーを、通常魚探およびClearVüソナー用の船が静止しても見れるリアルタイム動画データとして使用できます。

30度前方フォワードビュー
30度下方ダウンビュー

内蔵AHRS

水面が荒れても、内蔵のAHRSが画面上のソナーの視界を安定させます。

本体仕様

探索範囲(周波数):530 - 1,100 kHz
電源500 W
ビーム幅30°x20° Forward and 30°x20° Down
最大水深ダウンアンドフォワード:200フィート(61.0 m)
深さ/速度/温度深度
ピンの数12-ピン
ケーブルの長さ20 ft.
視野: 前から後ろ:2つの30度セクター 左右:20度
  • Panoptix LiveScope LVS12 トランスデューサ付属
  • トローリングモーター シャフトマウント
  • トローリングモーター バレルマウント
  • トランサムマウント
  • ドキュメント

読み込み中

読み込み中