ナビゲーションリンクをスキップ
Panoptix™ PS31 Forward Transducer

Panoptix™ PS31 Forward Transducer

商品番号 010-01284-01

ONLINE STORE

Panoptix™ PS31 Forward Transducer

Panoptix Forward振動子を1つ使用して、静止しているときでも、底、構造、船舶の前で泳いでいる魚をリアルタイムで見ることができます。LiveVü ForwardとRealVü 3-D Forwardの2つの印象的なビューが表示されます。

LIVEVÜ FORWARD

単一のpingでビュー全体を更新し、「ライブビデオ」のような表示を実現して、リアルタイムで動くソナー画像を提供します。船舶に近づいてくる魚や離れていく魚が泳いでいるのを見ることができます。小さなベイトフィッシュや大きなターゲットの魚が周囲を泳いでいるのを見ることができ、リールでルアーを巻き取るところまで見ることもできます。

REALVÜ 3-D FORWARD

3Dボリュームの断面をpingごとに更新し、1~4秒でボリューム全体を更新します。船舶の底と船舶に向かって泳いている魚が水柱に表示されます。前方を走査します。画面上の履歴は1回だけ走査されます。

百聞は一見に如かず

Garminは、Panoptixソナーイメージングを船舶に導入した最初の企業です。Panoptix全能ソナーは、水上でこれまでに見られたものとは異なります。船舶の周囲をリアルタイムで見ることができます。3Dの水柱で魚を見ることができますまた水中に投げ入れられる餌と、それをリールで巻き取る様子を見ることができます。船舶の前や下を泳ぐ魚を見ることができます。それらがルアーを追跡する様子も見ることができます。Panoptixを真に評価するためには、ぜひその様子を見てください。振動子トローリングモーターおよびトランサムマウンティングキットが含まれています。¹

¹ 前方監視振動子は、32 km/h( 20 mph)以上の速度で水中から出る場所に設置する必要があります。水面の下になる場合は、40 km/h(25 mph)を超えるクルージング速度は避けてください。高速になると振動子が引っ張られ、水を噴射することがあり、振動子エレメントがマウント内で回転する原因となる場合があります。振動子を船舶の安全な(頑丈な)場所に取り付けてください。船舶への損傷を避けるように配置を考えてください。不明な点がある場合は、船舶取り付けに関する専門家にお問い合わせください。

本体仕様

探索範囲(周波数):417 kHz
電源144 W
ビーム幅120°x60° 最大
最大水深300フィートダウン;300フィートフォワード
深さ/速度/温度深度
ピンの数イーサネット
ケーブルの長さ電源ケーブル:15フィート。イーサネットケーブル:30フィート。.
サポートされているデッドライズ/トランサム角度 0°-70°トランサム

読み込み中

読み込み中