Garmin高機能エントリーモデル GPSサイクルコンピューター『Edge®130』、世界初の自転車用後方レーダーが第二世代へと進化した『Varia®RTL510リアビューレーダー』を6月7日(木)に同時発売


~サイクリングをより楽しく、安全、快適に~

GPSデバイスのリーディングメーカーのガーミンジャパン株式会社(本社:埼玉県富士見市、以下 Garmin)はGPSサイクルコンピューターの最新モデル『Edge®130(エッジ130)』とサイクリング用マイクロレーダー内蔵テールライトの最新モデル『Varia®RTL510リアビューレーダー(ヴァリアアールティーエル510リアビューレーダー)』を6月7日(木)より同時発売いたします。予約開始は5月31日(木)とさせていただきます。

Edge®130(エッジ130)は、不要なものをそぎ落とした軽量かつシンプルなデザインでありながら、同シリーズの上位機種譲りの機能を搭載し、優れたコストパフォーマンスを実現しました。はじめてGPSサイクルコンピューターを使う方も、上級者の方も満足できる高機能エントリーモデルとなっております。
また、今回のEdge®130(エッジ130)では、センサー類が付属しない「本体のみ」、スピードセンサーとケイデンスセンサーが付属する「セット」と2種類のパッケージをご用意しております。

『Edge®130(エッジ130)』の特徴:

製品サイトURL:
http://www.garmin.co.jp/products/intosports/edge-130/
http://www.garmin.co.jp/products/intosports/edge-130-bundle/

 

『Varia®RTL510リアビューレーダー(ヴァリアアールティーエル510リアビューレーダー)』は、前モデルからさらに稼働時間や可視性能が大幅に向上しました。また、本体デザインを横型から縦型にすることで、よりスマートにバイクへのマウントが可能となりました。世界初の自転車用後方レーダーが第二世代へと進化した今モデルは、昼夜を問わずライダーの安全確保に貢献します。

『Varia®RTL510リアビューレーダー』の特徴:

製品サイトURL:http://www.garmin.co.jp/products/intosports/varia-rtl-510-rearview-radar/

【製品仕様】
・製品名: Edge®130
・価格: 本体のみ 23,800円(税別) セット 29,800円(税別)
・重量: 33g
・サイズ:41×63×16mm
・ディスプレイ: 1.8インチ/モノクロ
・稼働時間: 約13時間
・防水: IPX7
・接続機能:Bluetooth® Smart、 ANT+®
・衛星測位:GPS、みちびき、GLONASS、GALILEO
・1画面最大表示項目数: 8項目
・その他機能: パワーセンサー対応、VO2Max/リカバリータイム※1、コーストレーニング(簡易ナビ)、援助要請機能※2

※1 対応するセンサーが必要
※2  Bluetooth対応スマートフォンとの接続が必要

標準付属品:ハンドルステムマウント、microUSDケーブル、クイックスタートマニュアル
(セットのみ付属)スピードセンサー、ケイデンスセンサー

【製品仕様】
・製品名: Varia®RTL510リアビューレーダー
・価格: 23,800円(税別) ・サイズ: 39.6×98.6×19.7mm
・重量: 71g
・モード: 点灯・点滅(デイモード・ナイトモード)
・明るさ: 最大65ルーメン
・稼働時間: デイモード 15時間   ナイトモード・点灯 6時間
・防水: IPX7
標準付属品:シートポストマウント、microUSBケーブル、クイックスタートマニュアル




【プレスリリース一覧】